「ニトスキ」よりも“ちょっと小さい”
100均スキレットが便利すぎ!
2017年02月24日(金)
那須 恵里香
那須 恵里香/Test by LDK編集部
「ニトスキ」よりも“ちょっと小さい”
100均スキレットが便利すぎ!
どんな料理も簡単に美味しくなっちゃうと話題の「スキレット」。定番はニトリの「ニトスキ」ですが、100均のスキレットもなかなか侮れないんです。今回はダイソーのスキレットをニトスキとガチ比較してみました。
  • コンパクトで使いやすく
    グリルからデザートまでOKな働き者
ネットで広まりたちまち大人気となったニトリのスキレット通称「ニトスキ」ですが、ダイソーなら約半額の216円で買えます。ニトスキよりも小さめサイズでそのままお皿としても使え、カフェ風デザートやメインディッシュを自宅で楽しるのが魅力です。
  • ダイソー「イモノ四角取手付皿」
購入価格:216円
  • ニトリ「スキレット鍋 15㎝」
(写真をクリックすると公式ページが開きます。)
購入価格:498円
  • ニトスキより小さいから
    かさばらずに使いやすい!
  • ニトスキより薄めでかさばらない
  • ダイソーはニトリにすっぽり入る大きさ
幅2.5㎝、高さで0.5㎝分だけダイソーのほうが小ぶりなので、重ねて食器棚にしまってもかさばりません。スキレットをそのままお皿としてテーブルに直接並べれば、カフェ風の食卓が完成します!
  • コンパクトだから食パンと
    並べてトースターに入れられる
  • ダイソーはトーストと目玉焼きを同時に焼ける!
  • ニトスキは幅が広いので入らないことも
  • 本格イモノだから長い時間
    アツアツの状態をキープできる
  • ダイソーは5分たっても約60℃をキープ
  • 温度のキープはニトスキも優秀
100℃まで熱したあと火を止め、5分間放置→その後表面の温度を計測。ダイソーのスキレットは60℃近くをキープしており、安くてもしっかりイモノであることが証明できました。
  • 定番ニトスキにも劣らない
    ダイソースキレットの実力に驚き!
ニトスキも決して悪い製品ではありません。以前のテストでも、他メーカー製品に比べて使い勝手、熱の伝わり方、保温性のどれも優秀で、初心者に優しい製品でした。

ただ、そんなニトスキにもひけをとらなかったのがダイソーです。とくに、200円という価格でもちゃんと本格イモノなので、アツアツをキープできる。 これって、なかなか難しいことなんです。

ニトスキを使っていて「もう一回り小さいといいな」という人にはとくにおすすめ。ダイソーはコンパクトで使い勝手も良く、レンジやオーブンにinしやすいので、グリルからデザートまで幅広く活用できちゃうのが魅力です。四角いデザインは、お皿としてそのまま食卓に並べちゃってもかわいい。

すでにニトスキを持っていても活躍できるので、買って損はありませんね。

オススメのコンテンツ

  • [鍋・フライパン]
    インスタで大人気のニトスキと 他メーカー品、徹底比較しました!
  • [鍋・フライパン]
    2分で絶品! 忙しい朝にホットサンド 作るなら絶対にバウルーです