絶景がゴミだらけに…写真のガッカリを防ぐ6つの方法
2017年12月25日(月)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
絶景がゴミだらけに…写真のガッカリを防ぐ6つの方法
カメラは精密機械。もちろんメンテナンスをしないと故障などのトラブルに見舞われたり、写真が台無しになることも。そこで今回は、プロも愛用するメンテナンスグッズを紹介します。もちろんスマホでも使えますよ。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 写真を開いてガッカリ…
    一眼はゴミが写りやすいんです
秋の山並みを撮影したこちらの写真、所々に黒いシミのようなものが写っています。せっかくの風景もこれではガッカリですね。シミの正体はカメラのイメージセンサーについたゴミ。一眼カメラ、とくにミラーレスカメラはレンズを交換する際にゴミが入りやすいので注意が必要なんです。

こんな失敗を防げるメンテナンスグッズをご紹介します。
  • 【ブロアー】カメラに入った
    ゴミもひと吹きで飛ばします
エツミ
ジャイアントブロアー L
購入価格:1898円
ブロアーは空気を押し出して風圧でゴミやホコリを吹き飛ばすグッズです。この「ジャイアントブロアー L」は他のブロアーに比べるとやや大ぶりですが、風量があり多くのプロも愛用。材質がシリコンになり、しなやかさは薄れましたが、強力にゴミを飛ばしてくれます。ホコリの舞う屋外で使用するものと、室内用を使い分けるのがオススメです。
先に大まかなホコリをハケやクロスで取り除いてからブロアー使いましょう。イメージセンサーに付着したゴミを掃除するときはカメラ内部にブロアーがぶつからないように細心の注意を払ってください。ブロアーの先端がセンサーに接触してしまうと故障することもあります。
  • 【レンズペン】みるみる落ちます
    汚れをなぞって落とすんです
ハクバ
レンズペン3
購入価格:1580円
出先などでうっかりレンズ面を触ったりしたときに、なぞるだけできれいに汚れを落としてくれる便利アイテム。ペンタイプなので保管にも困らず、カメラバッグにひとつ忍ばせておくと安心です。使用していると先端の清掃チップが汚れてくるので、一定期間使ったら新しいものに交換することをおすすめします。
大事なレンズにキズが付きにくいので、安心してメンテンスができます。レンズ用のほかにファインダー用やフィルター用も販売されています。
  • 【ブラシ】大きなホコリは
    サッと払って落とします
ハクバ
DSLRボディブラシ Mサイズ
購入価格:399円
ブロアーの風で不用意に大きなホコリがレンズやカメラ内部に侵入するのを防ぐためにも、ブラシで大まかなホコリを払っておきます。ただし、レンズ面や、カメラミラー部分はデリケートなので、あくまでレンズやボディ外側の使用にとどめておくことを忘れないようにしましょう。
ブラッシングはボディの表面をやさしく撫でるようにしましょう。
  • 【クリーニングクロス】一人二役
    くるめば機材の保護にもなるんです
エツミ
ミクロディアエピクロスLL
購入価格:1727円
軽い油分もひと拭きでキレイに落ちる高性能クロス。ほかのクロスに比べると少々割高感はありますが、汚れても洗濯でき、しなやかさを保ったまま生地が傷まず長期間使用できる点が優秀です。

サイズや色にバリエーションがありますが、レンズなどが包める大判サイズが1枚あると便利ですよ。
生地が厚手なので機材の保護用としても利用できます。
  • 【ドライボックス】カメラの大敵
    湿気を防ぐ保管庫がつくれます
ハクバ
ドライボックスNEO 5.5L
購入価格:1285円
カメラやレンズを保管する「防湿庫」も売られていますが、設置場所も必要なうえに安くても2万円程度はします。そこでオススメしたいのが「ドライボックス」です。カメラや使わなくなったレンズなどをホコリやカビから守って保管できます。

ゴムパッキン付きで密封性があり、カビ防止剤や乾燥剤などと併用すればランニングコストを低く抑えた簡易防湿庫が完成します。
20年近く愛用するプロもいるほどのロングセラーです。
  • 【クリーナー】本格的に汚れを
    落とすには専用ティッシュです
    
浅沼商会
KING
レンズクリーニングティッシュ
PSCL50N(50枚入り)
購入価格:999円


拭きムラが出ることもあるので、使用には多少の慣れが必要ですが、定期的な清掃でレンズをカビなどの思わぬトラブルから守るためにぜひ利用したいアイテムです。
使い捨てアイテムですが、本格的にレンズの汚れを落としたいときに使用します。
竹ピンセットや割り箸に巻いて使用すると、余計な汚れをレンズにうつすことなく清掃できます。

以上、おすすめメンテナンスグッズの紹介でした。愛機を末永く使うためにも、これらのグッズを使ってしっかりメンテナンスしましょう。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [カメラアクセサリー]
    Amazon「激安ストロボ」で失敗しない買いの目印はココででした
  • [カメラアクセサリー]
    カメラの「ストラップ付け替えが面倒…」はコレで解決できます
  • [カメラアクセサリー]
    ダイソー・セリアから始める“ツッコミ待ち”写真術がこちらです
  • [カメラアクセサリー]
    プロ愛用! 絶対持っておきたい撮影グッズ[アウトドア編]
  • [カメラアクセサリー]
    【プロ愛用】 絶対持っておきべき撮影グッズ[インドア編]
  • [カメラアクセサリー]
    キレイに撮れる…はずが「がっかり写真」になっちゃう理由
  • [カメラアクセサリー]
    【Amazonで買った】カメラ担当が 本当に満足できたガジェット15選
  • [カメラアクセサリー]
    【加工じゃない!】空が青くなるカメラフィルターが効果抜群でした。
  • [デジタル一眼レフ]
    知ってた? キヤノンの“フィルムカメラ”は、もう買えないんです
  • [コンパクトカメラ]
    なぜソニーだけ? 高級コンデジを救う“変態性”という光明
  • [双眼鏡・望遠鏡・光学機器]
    Amazon掘り出し物! 見逃したくないモノがあるなら、ぜひ覗いてみてください
  • [ミラーレス一眼]
    連載「Kiss M」「α7 III」最新ミラーレス一眼、本音の完全解説ガイド
  • [ミラーレス一眼]
    最強カメラ「α7」の“レンズ高い”問題を解決するアイデア
  • [ミラーレス一眼]
    ソニー通は知っている「残クレ」というお得な買い方
  • [ミラーレス一眼]
    「憧れ」を身近にしたフルサイズの立役者、ソニー「α7 III」徹底解説!
  • [ミラーレス一眼]
    【本音解説】初心者向け大本命ミラーレス「Kiss」の良いトコ、ダメなトコ
  • [ミラーレス一眼]
    表情もバッチリ捉える一台はコレ!【プロが選ぶミラーレス】
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレスカメラの選びかた】色合いは値段じゃなくて、メーカーによって差が出るん...
  • [ミラーレス一眼]
    【スマホからミラーレスへ】オリンパス、富士フイルム、ソニー…ボケ検証の結果は意外...
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレスカメラの選び方】最安モデルこそ、“くっきり”撮れちゃうってホント!?
  • [ミラーレス一眼]
    【スマホからミラーレス】乗り換え派が続出するのは必然である理由
  • [デジタル一眼レフ]
    キヤノンが本気で「スマホ時代のデジカメ」を考えた結果がコチラ
  • [ハイエンドコンデジ]
    「20年以上同じ形」なのに愛されるデジカメ界の銘機がコチラです
  • [デジタル一眼レフ]
    【一眼カメラ】YouTuberが愛する動画カメラがコチラです