プロ愛用! 絶対持っておきたい撮影グッズ[アウトドア編]
2018年01月03日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
プロ愛用! 絶対持っておきたい撮影グッズ[アウトドア編]
アウトドアの撮影を補助してくれる便利グッズ。さまざまなものが発売されていますが、いかに携帯性に優れているかがポイントです。「大きすぎる」「重い」では動きの多い撮影には使えないでしょう。そこで、今回はプロも愛用しているアウトドア撮影用の便利グッズを紹介します。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • カーボン素材で超軽量
    携帯性抜群の三脚です
マンフロット
befreeカーボンファイバー
三脚ボール雲台キット
実勢価格:3万4570円
使用シーン:花 夜景 行楽 街撮り

カーボン三脚が3万円弱で手に入る時代になりました。アルミ製に比べて割高とはいえ、耐久性や剛性にまさり、振動吸収性が高いカーボン三脚は撮影の強い味方です。

耐荷重は4kgなので、望遠ズーム付きのフルサイズ一眼にも対応してくれます。何より軽さと携帯性は抜群。そしてマンフロットならではのイタリアンデザインも好印象です。
プロのポイント
40センチの縮長は大き目のリュックサックであれば収納できてしまいます。移動が多いカメラマンに最適です。
  • ソフトなラバー素材でレンズを保護
    日差しが強くても液晶が見えます
    
UN
モニタリング
PRO3.2インチ
PENTA HEXA
実勢価格:4190円
使用シーン:花 夜景 行楽 街撮り

日差しの強い屋外では液晶モニターが見えにくいのが難点。でもこのグッズを使えば悩みは解消されます。全体がラバーでできていてカメラを傷つける心配もないうえ、首から提げて携帯できる便利アイテムです。
プロのポイント
日中での使用はもとより、マクロや夜景撮影時のぶれやピントチェックに活用しています。
  • 余計な写り込みをシャットアウト
    反射しやすい被写体をキレイに撮れます
よしみカメラ
忍者レフ
実勢価格:5184円
使えるシーン:小物 夜景 行楽 街撮り

丸レフの真ん中に穴が開いていてそこからレンズを出して使用します。
黒の面を使えば、夜景が見える展望台などガラス面の反射をなくして外側の景色をきれいに撮影できます。
プロのポイント
ガラス小物など反射しやすいものも、忍者レフでカメラや撮影者の写りこみを防ぐことができます。
  • シャッター操作によるぶれを防止
    とくに夜間撮影では大活躍です
キヤノン
リモートコントローラー RC-6
実勢価格:2532円
使えるシーン:小物 夜景 行楽 街撮り

カメラから手を離して遠隔でシャッターが切れるリモートコントローラー。カメラに振動を与えることなくシャッターが切れるので夜景、花火などの撮影に欠かせないグッズです。
プロのポイント
シャッターレリーズはキヤノンだけでなく、各社発売されています。ほかにもリモコンタイプやケーブルタイプがあります。
  • バックアップ用としても便利なSSD
    読み書きがHDDより高速です
SanDisk
Extreme 500 Portable SSD 250GB
実勢価格:1万5433円
使えるシーン:行楽 街撮り

HDDに比べると取り扱いも楽で、なおかつUSB接続でPCとの接続も容易に行えます。読み書きの速度も高速で、長期旅行など大量の写真データのバックアップツールとして大変重宝します。

容量による価格の幅も増え、手に入れやすくなりました。日常的に撮影を行うハードユーザーにお薦めしたい一品です。
プロのポイント
持ち出し用250GBと自宅用500GBを使い分けています。
  • 長時間撮影にもおすすめ
    機能的カメラ用ストラップ
ハクバ
BLACKRAPID
クロスショット ブリーズ
実勢価格:6936円
使えるシーン:小物 夜景 行楽 街撮り

幅広のラバーでずり落ちにくく、三脚穴に取り付けるので着脱が容易です。カメラにストラップを常時取り付けておくことに抵抗があるユーザーにお薦め。純正にはない機能性と取り付けやすさで快適な撮影をサポートしてくれます。
プロのポイント
左右どちら側の肩にも掛けられるようシンメトリーな構造になっていて2台掛けもできます。
  • 中身をしっかり保護してくれる
    防水仕様のバッグが安心です
Kenko
aosta インターセプターII メッセンジャーバッグM
実勢価格:1万181円
使えるシーン:夜景 行楽 街撮り

カメラバッグはメッセンジャータイプが便利。インターセプターIIは、防水性に優れたTPU素材を採用する生活防水仕様。カメラを安心して持ち歩けます。
プロのポイント
交換レンズやアクセサリー類の収納用サブバッグとして使ってもいいでしょう。
  • 一眼レフや望遠レンズ付きの
    ゴツいカメラもがっちりホールド
    
ハクバ
HAKUBA
PixGEAR
グリップストラップ KGP-04
実勢価格:1089円
使えるシーン:花 夜景 行楽 街撮り

グリップ部を握る手を固定するために使用するハンドストラップ。三脚穴に固定することでカメラと一体化します。望遠レンズ使用時やフルサイズ一眼レフのような大きめのカメラもしっかりホールドできます。
プロのポイント
ネックストラップと併用して使用するとより効果的です。
  • かさばらないスマートなレインカバー
    不意の悪天候も安心です
エツミ
デジタルフォトレインカバー M
実勢価格:3072円
使えるシーン:花 夜景 行楽 街撮り

一昔前のレインカバーはビニールのごわごわしたものが主でしたが、現在のレインカバーの進化には驚かされます。ナイロン製で柔軟性もあり、望遠ズーム対応と使い勝手は抜群。手持ち撮影から三脚との併用と両方の撮影スタイルで使用できます。

フィールドの撮影が多いユーザーはバッグにひとつ忍ばせておきたいところです。
プロのポイント
防水性能に加え多少の防寒性も備える。寒冷地でバッテリーの消耗を抑えるのにも役立ちます。
  • 液晶モニターをいつまでも美しく
    視認性のよい液晶ガード
    
ハクバ
EX-GUARD 液晶保護フィルムシリーズ
実勢価格:1200~2200円
使えるシーン:夜景 行楽 人物 街撮り

多数ある液晶保護フィルムですが、ガラスのようにクリアで傷がつきにくい製品としてこのEX-GUARDシリーズがおすすめ。高い透明度で液晶の視認性もよく、厚めのカバーでしっかりと保護してくれます。

撮影の合間の移動時に付きやすいかすり傷も気にせず長期間使えます。いつまでもきれいな液晶モニターをキープするためにちょっとぜいたくしてみてはいかがでしょう。
多数ある液晶保護フィルムだが、ガラスのようにクリアで傷がつきにくい製品としてこのEX-GUARDシリーズがお薦め。高い透明度で液晶の視認性もよく、厚めのカバーでしっかりと保護してくれる。撮影の合間の移動時に付きやすいかすり傷も気にせず長期間使える。いつまでもきれいな液晶モニターをキープするためにちょっとぜいたくしてみては。
プロのポイント
液晶のキズはカメラを提げている移動時に付きやすいのです。そうなる前にガードしておきましょう。
  • 内部ストロボとは光量が歴然
    ポートレート撮影に必須です
キヤノン
スピードライト270EX II
実勢価格:1万4094円
使えるシーン:花 小物 行楽 人物

内蔵ストロボとの大きな違いはズバリその発光量とバウンスの可否にあります。被写体直射しかできない内蔵ストロボは限定的な使用になってしまいますが、外部ストロボはバウンスや光量調整ができるので、強い光と柔らかい光の両方を演出できるのです。

記念写真や小物、ポートレートなどで大きな活躍が期待できるアイテムが外部ストロボです。
プロのポイント
被写体の余計な影を消すためにストロボは便利。屋外ポートレートの必須アイテムです。
  • スマホをフル活用して
    いろんな撮り方ができます
エツミ
モビヘッドDX
実勢価格:2533円
使えるシーン:小物 料理 人物 街撮り

自分撮りに活用というわけでなく、カメラとの通信機能を併用したリモート撮影ツールとして役立ちます。スマホのLEDライトを補助光源として使用したり、画像の閲覧・共有をしたりなど、アイデア次第でさまざまな使い方が考えられるユニークなアイテムです。
プロのポイント
可動式液晶がないカメラにとって不自由な撮影もアングルファインダーとして応用できます。

以上、おすすめ撮影グッズアウトドア編でした。さまざまな条件下での撮影ではこれらのグッズが大活躍します。より快適に撮影するためにぜひ使ってみてください。
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [カメラアクセサリー]
    Amazonの格安ストロボ狙いは「NEEWER」が鉄板
  • [カメラアクセサリー]
    Amazon「激安ストロボ」で失敗しない買いの目印はココででした
  • [カメラアクセサリー]
    カメラの「ストラップ付け替えが面倒…」はコレで解決できます
  • [カメラアクセサリー]
    ダイソー・セリアから始める“ツッコミ待ち”写真術がこちらです
  • [カメラアクセサリー]
    絶景がゴミだらけに…写真のガッカリを防ぐ6つの方法
  • [カメラアクセサリー]
    【プロ愛用】 絶対持っておきべき撮影グッズ[インドア編]
  • [カメラアクセサリー]
    キレイに撮れる…はずが「がっかり写真」になっちゃう理由
  • [カメラアクセサリー]
    【Amazonで買った】カメラ担当が 本当に満足できたガジェット15選
  • [カメラアクセサリー]
    【加工じゃない!】空が青くなるカメラフィルターが効果抜群でした。
  • [デジタル一眼レフ]
    Amazonで見つけたプロも満足のカメラ&撮影アイテム
  • [デジタル一眼レフ]
    知ってた? キヤノンの“フィルムカメラ”は、もう買えないんです
  • [コンパクトカメラ]
    なぜソニーだけ? 高級コンデジを救う“変態性”という光明
  • [双眼鏡・望遠鏡・光学機器]
    Amazon掘り出し物! 見逃したくないモノがあるなら、ぜひ覗いてみてください
  • [ミラーレス一眼]
    連載「Kiss M」「α7 III」最新ミラーレス一眼、本音の完全解説ガイド
  • [ミラーレス一眼]
    最強カメラ「α7」の“レンズ高い”問題を解決するアイデア
  • [ミラーレス一眼]
    ソニー通は知っている「残クレ」というお得な買い方
  • [ミラーレス一眼]
    「憧れ」を身近にしたフルサイズの立役者、ソニー「α7 III」徹底解説!
  • [ミラーレス一眼]
    【本音解説】初心者向け大本命ミラーレス「Kiss」の良いトコ、ダメなトコ
  • [交換レンズ]
    ニコンの半額以下! 格安でもプロ絶賛の広角・標準・望遠レンズはこちら[おすすめ6選...
  • [ミラーレス一眼]
    表情もバッチリ捉える一台はコレ!【プロが選ぶミラーレス】
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレスカメラの選びかた】色合いは値段じゃなくて、メーカーによって差が出るん...
  • [ミラーレス一眼]
    【スマホからミラーレスへ】オリンパス、富士フイルム、ソニー…ボケ検証の結果は意外...
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレスカメラの選び方】最安モデルこそ、“くっきり”撮れちゃうってホント!?
  • [ミラーレス一眼]
    【スマホからミラーレス】乗り換え派が続出するのは必然である理由