「ふわっと背景ぼかせます」初心者でも楽しめる交換レンズ10選
2017年12月27日(水)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
「ふわっと背景ぼかせます」初心者でも楽しめる交換レンズ10選
ある程度撮影に慣れてきて、さまざまな被写体に取り組むようになると新しいレンズが欲しくなってくるはず。そこで今回はカメラとセットで購入したレンズの「次の、そのまた次のレンズ」として魅力的なお値打ちレンズを紹介します。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 柔らかなぼけが魅力の
    ポートレート向きの軽量レンズ
オリンパス
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
実勢価格:2万5008円
対応マウント:マイクロフォーサーズ
手ぶれ補正:非搭載
最大径×全長:Φ56×46mm
重量:約116g
35mm判換算で90mm相当となるマイクロフォーサーズ用の中望遠レンズ。開放F値が1.8と明るいのが最大の特徴です。オリンパスとパナソニックのカメラで大きなぼけを演出したいなら、まずはこのレンズ。背景をぼかしたポートレート撮影に最適です。

また、ピントがあった部分はとてもシャープに写る高画質なレンズです。とても軽量かつコンパクトなので、カメラバッグに常備しておくと、画変わりをさせたいシーンなどではとても役立ちますよ。
  • 花や料理、小物の撮影に最適な
    マクロレンズです
オリンパス
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
実勢価格:2万6045円
対応マウント:マイクロフォーサーズ
手ぶれ補正:非搭載
最大径×全長:Φ57×60mm
重量:約128g
35mm判換算で60mm相当となるマイクロフォーサーズ用のマクロレンズ。最大で2.5倍相当の高倍率を誇ります。換算60mmという扱いやすい焦点距離でテーブルフォトから本格的な接写撮影まで幅広い撮影ができるのが強みです。

マクロレンズにはオートフォーカスが遅いものもありますが、このレンズはスピーディーにピントがあいます。また、コンパクトかつ軽量なので、フィールドに出掛ける際にも気軽に持ち出せます。
  • 軽量コンパクトサイズで
    日常的な撮影に最適です
ニコン
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
実勢価格:2万7444円
マウント:ニコンF(APS-C用)
手ぶれ補正:非搭載
最大径×全長:Φ68.5×64.5mm
重量:約235g
35mm判換算で60mm相当となるレンズ。軽量コンパクトな作りながらも等倍撮影が可能です。扱いやすい標準域の焦点距離なので花やテーブルフォトなど日常的な撮影に最適で、開放F値2.8の柔らかなぼけを活かしたポートレート撮影などにも重宝します。

超音波モーターの採用による静粛なAFで、場の雰囲気を壊すことなく撮影できる点もメリットです。
  • 人の目の画角に近い焦点で
    単焦点レンズのデビューに最適です
    
ニコン
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
実勢価格:2万592円
マウント:ニコンF(APS-C用)
手ぶれ補正:非搭載
最大径×全長:Φ70×52.5mm
重量:約200g
35mm判換算では約53mm相当になります。人の目の画角にも近いため、単焦点レンズを使用した撮影を学ぶには最適。F1.8の明るいレンズなので、薄暗い室内や夜間のスナップなど光量の少ないシーンでもシャッター速度をあまり下げることなく、かつISO感度も抑えつつ撮影できます。

また、浅い被写界深度を活かした大きなぼけでポートレート撮影にも適しています。
  • 世界一売れたレンズの後継機
    F1.8の明るさが1万円台で楽しめる
キヤノン
EF50mm F1.8 STM
実勢価格:1万5435円
マウント:キヤノンEF(フルサイズ)
最大径×全長:Φ69.2×39.3mm
重量:約160g
フルサイズ対応レンズでありながら、価格.com最安値で2万円を下回る抜群のコストパフォーマンスが魅力。それでいて描写力も高くF1.8の明るいレンズによる浅い被写界深度を活かしたぼけ描写も強みです。初めて手にする単焦点レンズとしても最適です。
  • 強力な光学式手ぶれ補正搭載
    初心者にも扱いやすいレンズです
パナソニック
LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.
実勢価格:3万4229円
対応マウント:マイクロフォーサーズ
最大径×全長:Φ58.8×63.5mm
重量:約180g
初心者でも扱いやすい画角でF2.8と開放F値の明るさも十分です。インナーフォーカスを採用することでレンズ全長が変わることなく被写体への接触を避けることができます。

また、光学式手ぶれ補正を搭載しているので、ボディ内手ぶれ補正機構を搭載していないカメラでも手ぶれを抑制することができます。
  • 軽量で街撮りに最適
    高い解像力を誇る大口径レンズ
    
パナソニック
LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.
実勢価格:2万1800円
対応マウント:マイクロフォーサーズ
最大径×全長:Φ60.8×52mm
重量:約125g
35mm判カメラの基本となる50mmレンズに相当する画角を得るために作られたレンズ。F1.7の大口径レンズによる柔らかなぼけと高い解像力が魅力です。

また、質量は約125gと軽量でカメラに装着してブラブラと持ち歩くには最適です。デザイン性にも優れブラックとシルバーの2色がラインナップされています。
  • アナログな操作が楽しめる
    明るい単焦点レンズ
富士フイルム
XF35mmF1.4 R
実勢価格:6万2694円
マウント:Xマウント
最大径×全長:Φ65×50.4mm
重量:約187g
35mm判換算で53mm相当となる単焦点レンズ。黒色の外装はシンプルでXシリーズと組み合わせるとソリッドな印象になります。開放絞り値がF1.4の大口径レンズでありながら、開放絞りでの諸収差を良好に補正したことで画質の均一化を図っています。

また、フィルム時代のレンズ同様に絞り環で絞り値を操作せきるのもXFレンズの特徴です。
  • 画質よし使い勝手よしの
    高コスパレンズです
ペンタックス
smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL
実勢価格:1万5359円
マウント:Kマウント(APS-C用)
最大径×全長:Φ63×45mm
重量:約124g
35mm判換算で53.5mm相当となる標準レンズ。価格も抑えられているので初めての単焦点レンズとしても手にしやすいモデルです。それでいて画質も優れており、高いコストパフォーマンスを誇ります。

また、レンズ前面に汚れに強いSPコーティングが施され、日常的な生活のなかでの使用でも安心して撮影ができます。
  • たった1万円で買える
    お買い得単焦点レンズ
ペンタックス
smc PENTAX-DA 50mm F1.8
実勢価格:1万2730円
マウント:Kマウント(APS-C用)
最大径×全長:Φ63×38.5mm
重量:約122g
中望遠単焦点レンズとしては破格値の単焦点レンズ。35mm判換算76.5mm相当となり、スナップやポートレート撮影に最適です。F1.8の明るい大口径レンズとして浅い被写界深度を活かした撮影もお手のものです。また、円形絞りの採用により点光源のぼけもとても美しく描写します。

以上、お値打ちレンズの紹介でした。こちらで紹介したもののほとんどは、手ごろな価格で手に入るものですので、とくに初心者はこちらを参考に満足のいくレンズを選んでください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [交換レンズ]
    【コスパ急上昇中】「超望遠ズームレンズ」ランキング5選
  • [交換レンズ]
    今、超望遠レンズが安い! でも慌てて失敗しないための購入ポイント
  • [交換レンズ]
    【10万円以下】「超望遠レンズ」に価格破壊が起きています
  • [交換レンズ]
    キヤノンやニコンの半額以下! 憧れF2.8標準ズームを買うならコレです
  • [交換レンズ]
    【一眼カメラ】イメージ通りに撮れない…を解決するレンズがコレです
  • [交換レンズ]
    【カメラの裏技】ソニーとキヤノンに タッグを組ませたら最高でした
  • [交換レンズ]
    即買いOK「安くて良い単焦点レンズ」徹底比較 [テスト結果発表編]
  • [交換レンズ]
    即買いOK「安くて良い単焦点レンズ」比較 [ベストバイ編]
  • [ミラーレス一眼]
    表情もバッチリ捉える一台はコレ!【プロが選ぶミラーレス】
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレスカメラの選びかた】色合いは値段じゃなくて、メーカーによって差が出るん...
  • [ミラーレス一眼]
    【スマホからミラーレスへ】オリンパス、富士フイルム、ソニー…ボケ検証の結果は意外...
  • [ミラーレス一眼]
    【ミラーレスカメラの選び方】最安モデルこそ、“くっきり”撮れちゃうってホント!?
  • [ミラーレス一眼]
    【スマホからミラーレス】乗り換え派が続出するのは必然である理由
  • [デジタル一眼レフ]
    キヤノンが本気で「スマホ時代のデジカメ」を考えた結果がコチラ
  • [ハイエンドコンデジ]
    「20年以上同じ形」なのに愛されるデジカメ界の銘機がコチラです
  • [デジタル一眼レフ]
    【一眼カメラ】YouTuberが愛する動画カメラがコチラです
  • [ミラーレス一眼]
    【筆者が実践】ソニー「α7RⅡ」でキヤノンのレンズを使う方法
  • [コンパクトカメラ]
    「一眼レフ派」の方におすすめしたい2台目カメラがコチラ
  • [双眼鏡・望遠鏡・光学機器]
    「顔の汗まで見える」アイドルコンサートで大活躍する双眼鏡がコレ!
  • [デジタル一眼レフ]
    Amazonレビュワーの76%が5つ星、脱ビギナーレンズの会心作がコレです
  • [デジタル一眼レフ]
    「発表遅れてごめんなさい」家電批評が選ぶ2017年のベストカメラ4選!
  • [コンパクトカメラ]
    ライカ、ポラロイド、チェキを徹底比較! インスタントカメラおすすめランキングBEST8
  • [コンパクトカメラ]
    「チェキはおもちゃ」説はもう古い! 100%失敗しない大人の道具になってます
  • [ミラーレス一眼]
    今、女の子に一番モテてるカメラがこちらです!