「あれ、どこやった?」がなくなるAmazonの“見たことない”便利グッズ
2017年12月10日(日)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
「あれ、どこやった?」がなくなるAmazonの“見たことない”便利グッズ
会議に出るときや、取引先を訪問するとき、必要な書類や資料ってありますよね。でも、席を離れるたびに、いちいち資料を揃えるのはメンドウ。終わったらまた元に戻すのもさらにメンドウ。必要な書類や資料が、棚ごと持って行けたらいいのに……なんていう願望をかなえてくれる収納ケースがあったんです!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 資料の仕分けボックスが
    そのまま持ち運べる!
レイメイ藤井
zeitVektor ミーティングボックスZVB354K
実勢価格:2763円
普段は机に縦置きして資料や書類、文房具を入れておいて、ミーティングなどのときはそのまま持ち出せるケースが「ミーティングボックス」です。
このように、使う資料をまとめて入れておき、必要な時にそのまま持ち出せば、忘れたり中身が抜けたりする心配がありません。

カバンや机の引き出しにも入るサイズで、縦置きも横置きもOK。収納時はマチをたたんで平らになります。
内ポケットにはB5サイズの書類がそのまま入れられるなど、細かい作りで使い勝手が良いのも高ポイントです。

さらに、持ち手の持ちやすさがユーザーフレンドリー。
耐荷重は2kg。持ち手がスチールなので、多少重いものを入れても指に食い込まない作りはさすがです。表地はクロスペーパーですが、耐久性があります。

まさに、そのままバッグに入れられる本棚といったところ。よく使う資料や書類を入れておくのに最適なケースなんです。iPadなども一緒に入れて持ち運ぶと便利ですね。
  • A4資料もA5サイズに
    畳んでファイリング
キングジム
コンパック
実勢価格:422円
A4の書類を収納し、ファイルごと二つ折りにしてA5サイズで持ち運べるのが「コンパック」です。

こうして畳むとA5サイズになります。
畳むと分厚くならないか心配ですが、大丈夫。デザインのアクセントにもなっているゴムバンドのおかげで厚みが出ず、カバンの中で邪魔にならないんです。

半分に折りたたむときに、ポケット自体がスライドすることで書類に折り目やシワがつきにくくなり、さらにファイルの開閉もスムーズに。技ありの構造です。
A4書類をめくって閲覧することもできます。小さいカバンにもA4の資料が入って、さらに素早く閲覧可能な優秀ファイルなんです。

カラーバリエーションも6色と豊富で、楽しく便利に使えますよ。
  • フタがパタリと開いて
    中身がよく見える!
レイメイ藤井
パタリーノ Lサイズ
実勢価格:864円
ペンケースは、どうしてもかさばり、バッグの中で邪魔になりがちですよね。でも、この「パタリーノ」は厚さわずか24mmと極薄。邪魔になりません。

このフタが……
パタリと開きます。
大きく開いたフタはマグネットでピタッと付くので、中身がよく見えて、取り出しやすいんです。

こんなに薄いのに、内ポケットには消しゴムなどを入れることもできますよ。まさに「薄さ」と「取り出しやすさ」を両立した、技ありペンケースなんです!
  • 平らでかさばらない
    バッグインバッグ
キングジム
フラッティ
実勢価格:927円
極薄のバッグインバッグ「フラッティ」は、芯材が入っているので、カバンの中でもしっかりと自立してくれます。紙類を入れても折れることなく、しっかり保護してくれます。
中身が見えるので、何が入っているかすぐにわかります。

薄いのにポケットがたくさんついているのも高ポイント。ポケット内部にはさらに小分けできるインナーポケットがあり、名刺やハガキなどを整理することができます。

また、本体の裏面には大きなバックポケットがついています。よく見る書類や地図などを入れておくと、取り出しやすくて便利ですよ。
ふたがマグネットなので、バッグの中でもワンタッチで開閉できるのも使いやすいポイント。

封筒サイズ、A5、A4とサイズも豊富です。本体は全5色。しまいたいものや気分に合わせてサイズや色を選ぶと楽しいですね。


いかがでしたか? 普段使っているものをそのまま運べて、さらにバッグの中身も整理できる収納ケースを使えば、用意をする時間がグッと省けます。時短ができて、中身の確認に慌てることもない収納ケースで、仕事の能率を上げちゃいましょう。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [掃除機]
    「布団? 干したくても干せないの!」…ならAmazonのコレがおすすめです
  • [掃除機]
    Amazonベストセラー脱落!? 格安掃除機に意外なニュースター登場です
  • [掃除機]
    Amazon売れ筋2位の掃除機が、5年売れ続ける理由
  • [掃除機]
    【2018年】マキタのコードレス掃除機おすすめランキング10選!
  • [掃除機]
    コードレス掃除機おすすめランキング10選! 人気ブランド全部試した本音評価
  • [掃除機]
    ダイソン派は見ないでください。無印スティック掃除機をマキタと比べた結果…
  • [掃除機]
    【スティック掃除機】国産メーカーの本気で「ダイソンキラー」なるか?
  • [掃除機]
    逆転の発想、「吹く」掃除機がスキマのホコリを逃しません
  • [掃除機]
    【ダイソン】コードレス掃除機はV10が最強? 型落ちV8がお値打ち? 失敗しない選び方
  • [掃除機]
    ダイソン派は見ないでください。安くて働きモノな“型落ち掃除機”BEST3
  • [掃除機]
    【現地取材】ジェームズ・ダイソンに聞く「ロボット掃除機どうなった?」
  • [掃除機]
    【ケルヒャー】吸引力より手軽さ重視。世界一メンドクサくない掃除機…かもしれません
  • [掃除機]
    ダイソンの本気! テストでわかった新製品「V10」最強吸引力の秘密
  • [掃除機]
    【連載“ダイソンの真実”第1回】今さら聞けない、どんなメーカー?
  • [掃除機]
    「使い勝手に全力投球」した東芝の掃除機がコチラです
  • [掃除機]
    リビング掃除は「ルンバ+マキタ」が超おすすめな理由
  • [掃除機]
    マキタのコードレス掃除機で一番おすすめの型番はコレ!
  • [掃除機]
    【家電】どうして国産買わないの? 海外メーカーの方が受け入れられている理由
  • [掃除機]
    穴あけ不要! ダイソンの壁掛けスタンドのおすすめはコレ
  • [掃除機]
    本物そっくり…でも買ってはいけないAmazonの「もどき製品」4選
  • [掃除機]
    家電批評が選ぶ最新おすすめ掃除機4選
  • [掃除機]
    掃除機の出番が激減! お掃除“苦手”派ほどハマる、リビングの救世主がこちら
  • [掃除機]
    まさかの敗北!? 安すぎドンキの「情熱価格」買っていいのは…
  • [掃除機]
    掃除機のタブーを超えた! 水まで吸っちゃうハンディをご存知ですか?