最安タブレット「Amazon Fire」の
最大の弱点をかき消す裏ワザ
2017年02月07日(火)
冨田 岳
冨田 岳/Test by スマートフォン360.life
最安タブレット「Amazon Fire」の
最大の弱点をかき消す裏ワザ
プライム会員であれば5000円を切る価格で購入できるAmazon純正のFire タブレット。唯一の弱点がグーグル系のアプリに非対応であることですが、ある「裏ワザ」を使うことで、ほかのAndroidタブレットと同様にGoogle Playが利用できるようになります。
  • まず間違いなく言えるのは
    最高コスパのタブレットであること
Amazon
Fireタブレット
購入価格:8980円(プライム会員4980円)
サイズ・質量:W191×H115×D10.6mm・313g
内蔵メモリ:ROM8GB・RAM1GB
ディスプレイ:7インチ・1024×600
CPU:クアッドコア1.3GHz
カメラ:メイン200万・サブ30万
  • 圧倒的なレビュー数と高評価が裏付け
数あるアマゾン製品のなかでも最多級の5000を超えるレビューがついているのが本製品。その理由は何といっても安さにあります。プライム会員ならなんと5000円を切る価格で購入でき、単純スペックから見たコスパで言えば破格と言えるでしょう。
  • 安いのはわかりました。
    で、ホントにちゃんと動くの?
  • ウェブは想像以上にサクサク
基本の操作感はウェブ表示でも問題なく、大きな不満はありません。
  • 電子書籍ももちろん問題ナシ
ページめくり自体の操作はスムーズです。画面もキレイとは言えませんが及第点。
  • さすがにゲームプレイはイマイチ
処理の重いゲームなどではやはり多少のカクつきが出てしまいました。
  • 実はココからが本題。
    大きな弱点を“裏ワザ”で解決!
  • 実はFireはGoogleのストアでなく
    Amazonアプリストアしか使えない
通常のAndroidタブレットでは、アプリのインストールを行うときに、Googleの提供するアプリストアであるGoogle Playを使用して購入を行います。しかし、Fireタブレットにアプリをインストールするには、独自のAmazonアプリストアを利用することとなり、Google Playは使えません。ただFire タブレット自体、Androidをベースとして作られており、技術的には使えるはずなのです。
  • [準備編]まずは必要なファイルをダウンロード
  • 「ES ファイルエクスプローラー」をダウンロード
まずはAmazonアプリストアからファイル管理アプリをインストールします。ここではES ファイルエクスプローラーを使います。
  • 標準ブラウザでファイル配布サイトにアクセス
「Fire Phone Play Store without root」
ブラウザアプリで配布サイト(リンク)にアクセス。ページ中段付近の「Download Google Apps」の下のURLをクリックし、ダウンロードページへ移動します。
  • 4つのファイルをダウンロードする
・Google Account Manager
・Google Play services
・Google Services Framework
・Google Play Store

上記の4つのファイルがPlayストアのインストールに必要なファイル。チェックを入れダウンロードを行います。
  • [実践編]ファイルを端末にインストール
  • ES ファイルエクスプローラーでダウンロードファイルを開く
ESファイルエクスプローラーのホームを開き、ダウンロードフォルダ内にあるzipファイルを開きます。
  • ダウンロードファイルをインストール
4つのファイルをそれぞれタップし、インストールを行っていきます。なお「Google Play Store…」だけはインストール終了後に「完了」ではなく「開く」を選択。そのままGoogleアカウントのログイン画面に進みます。
※インストール時、セキュリティの設定で「不明ソースからのアプリ」をオンにし、アプリストア以外のアプリをインストールできる状態にしておきます。
  • Playストアからアプリをダウンロード
    できるようになりました!
Googleアカウントでのログインに成功するとGoogle Playにアクセス可能に。GmailやYouTubeなどのGoogle系アプリも使えるようになります。

  • [まとめ]Fireがさらに便利に!
    ただしあくまで自己責任のうえで
もともと1万円以下のタブレットとしては抜きん出た性能を持ち、しかもプライム会員なら5000円以下という驚異的なコスパを誇るFireタブレット。

今回紹介した方法を使えば、YouTubeやGmailといったタブレットの基本アプリが使えるようになり、正真正銘の最強格安タブレットに生まれ変わります。

手順もカンタンなので、多少PC操作に慣れている人であれば迷わずに導入ができるでしょう。ただし、注意して欲しいのは、この方法が非公式の「裏ワザ」であること。上記で紹介しているサイトも、いつ配布がなくなるかはわかりません。

気になる人は、あくまで自己責任のうえで試してみて下さい。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [タブレット本体]
    【日本限定Kindle】のマンガモデルを 書籍派でも買うべき理由
  • [タブレット本体]
    新iPad Pro発表の裏で 「無印iPad」の存在価値が急騰中です
  • [タブレット本体]
    iPad miniの独壇場はもう終わり! 8インチの新本命が買い時です
  • [タブレット本体]
    新iPad登場でも揺るがない 「ZenPad」が最高コスパの理由
  • [タブレット本体]
    Kindle選びに迷ったら、 迷わずPaperwhiteでOK!
  • [タブレット本体]
    17台のランキングで堂々1位! “無敵の完成度”をほこる最強タブ!
  • [タブレットアクセサリー]
    【iPadでかすぎ!】タブレットを“フリーハンド”で使うベストアイデア9選
  • [スマホ連動ガジェット]
    【全部買える!】ドラえもんの ポケットに入っていそうなモノ11選
  • [スマホ連動ガジェット]
    【目の前に巨大スマホ出現】 エプソングラスの魅力と残念なコト
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【TSUTAYA】の格安スマホが 「らくらくフォン」として最適の理由
  • [スマホ連動ガジェット]
    【Amazonで30%オフ】ミニ四駆が ラジコンになる不思議な乾電池
  • [携帯・スマホ本体端末]
    au「TORQUE」が子ども用の 最強ケータイである3つの理由
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【SIMフリー高すぎ】中古iPhoneの お得な買い方3つのポイント
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【最先端SIMフリー】ZenFoneARは 模様替えに効果バツグンでした
  • [バッテリー・充電器・チャ...]
    【コンセントが刺さる!?】モバイルバッテリーはAnkerだけが正解じゃないんです
  • [スマホ連動ガジェット]
    【データ通信ゼロ】iPhoneでテレビを観るベストな方法
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【最強のSIMフリー】Huawei P10を 50時間かけてガチ比較してみました
  • [スマホ連動ガジェット]
    壁も机もぜんぶタブレットになる! 「Xperia Touch」の魅力と惜しい弱点
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【かわいい】女性を美しく撮れる スマホレンズ6製品比較!
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【スマホで魚眼】SNSでいいねを押される裏ワザとは? スマホレンズ8製品ガチ比較
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【スマホ写真激変】「マクロ」レンズ8本勝負! 1位は意外にも……
  • [スマートフォンアクセサリ...]
    【自撮りレンズ】徹底テスト8製品 意外な1位はあの激安ブランドでした
  • [アプリ]
    【Apple純正は第5位】iPhone音楽再生アプリ最強ランキング まさかの第1位はあの無料ア...
  • [携帯・スマホ本体端末]
    【スマホの音が悪い】と感じたら 絶対知っておいて欲しいコト