【ヨドバシ店員に聞いた】iPadが今売れている3つの理由
2017年10月16日(月)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
【ヨドバシ店員に聞いた】iPadが今売れている3つの理由
一時は数字を落としていたタブレットの王者iPadが、徐々に息を吹き返しつつあります。あえてコスパを追求した「無印iPad」や、上級者向けをさらに洗練させた「新iPad Pro」など、たしかに魅力ある製品投下が目立っていますが、ユーザーの決め手となっているのはどんなところでしょうか? 実際にiPadを多く販売している量販店員に聞いてみました。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 想像を超える進化を遂げた
    iPadが今売れています
14年の第1四半期には2600万台以上を販売したiPadシリーズ。しかし、その後丸3年もの間「前年の同じ時期の販売台数を下回る」ジリ貧状態に陥っていました。

しかし、ここにきて販売台数で15%、売上高も2%増と調子を取り戻しています。実売4万円と手軽に買えるiPad(無印iPad)が世界的には人気のようです。
海外から訪れる人も多いヨドバシカメラマルチメディアAkibaのAppleショップ。ペンの書き味をチェックしたり、展示機のゲームで遊んだり、子どもから大人までiPadシリーズを手に取る人が多く目立ちました。

そこで、量販店員にiPadを買う人の主な目的を聞いてみました。
  • 理由①「Office」が使えるので
    ついに仕事用に買いました
まず、Microsoft Officeが使えるためビジネスパーソンが注目しています。コンパクトなのはもちろん、机がなくても操作でき、ペンで書き込めるのはノートPCにはない便利さです。

WordやExcelにも手書きできちゃう仕事用にはApple Pencilが使えるiPad Proが人気。両方をセットで買う人が増えています。
  • 理由②「デジタル教材」として
    子どもやオトナ学習にも使えます
また、最近ではタブレットを授業に取り入れる学習塾や学校が増えています。授業で使う前に慣れさせておきたい……そんな理由でiPadを買い求める家庭も多いそうです。

知育や学習用アプリがiPadは豊富子ども用やはじめてのタブレットにはこの春に発売された無印iPadが人気です。
  • 理由③「iPad mini」も
    いまだに根強い人気です
さらに、お年寄りがはじめてのスマートデバイスとしてiPad miniを購入する例が増えています。iPad miniはスマホより画面が大きいため、タッチ操作が苦手な高齢者でも扱いやすいのです。電話はガラケー、ネットはiPadという使い方も便利です。

さらに、この3つの理由の他にも、最新のiPadには人気を後押しする進化が盛り沢山。ココからは、購入前にぜひ知っておくべきポイントをご紹介します。
  • キーボードを追加すれば
    PCと同じ感覚で使えます
シリーズ全体の性能の向上で、もはやiPadをパソコンのように使用することも可能になっています。とくにiPad Proはペンとの組み合わせでこれまでにない使い方も可能です。
また、iPad+キーボードの組み合わせはビジネスにも相性抜群。ペンを使ったOfficeへの書き込みが加わってサクサク仕事ができます。
さらに、iOS 11がリリースされ、Macに近い感覚のドックでのアプリ管理など、よりパソコンを意識した新機能が多数追加されました。
そんなiOS 11ですが、下記の機種には対応していません。

iPad(2010)
iPad 2(2011)
iPad 3(2012)
iPad 4(2012)
iPad mini(2012)

より便利に使いたいなら、買い替えることをオススメします。
  • Macと合わせて使うのが
    大変便利になりました
iPadとMacの同期機能は定期的に強化されています。Macで書いていた書類の続きを、そのままiPadで書けるなど連携することでより快適な使い方ができるんです。
  • マンガやゲームも快適に
    楽しめる画面の美しさです
画面の美しさ・見やすさは無印・Proともに超パワーアップ。野外でマンガや動画を見ることにも向いているタブレットといえます。
最新iPadのCPUは実はゲームに向きです。重いゲームも楽々動きます。
  • 昔のモデルと違って
    アプリもサクサク動きます
iPadは年々CPUの性能も上がっています。今のiPadを持っている人でアプリの動きに不満があるなら買い替えで劇的に改善されますよ。
miniを愛用していた編集部のメンバーは、DropboxやEvernoteを使用してデータのやりとりをするとき、アプリの動きがノロノロと遅くストレスを溜めていましたが、最新のiPadに乗り替えた今は快適に使用しています。
  • 「アップルペンシル」で
    できることが増えました
かつてはiPhoneと機能的な差別化が曖昧でしたが、現行のiPadはタブレットならではの進化を遂げています。
アップル
Apple Pencil
実勢価格:1万2700円
とくにPro専用のデジタイザーペンであるApple Pencilの使いやすさには目を見張るものがあり、Officeアプリへの書き込みから、プロ並のイラストまで、ペンの性能と大画面の相乗効果でハイレベルな「書きやすさ」を実現しています。

また、優秀なキーボードによってテキストの書きやすさも段違いです。さらに最近普及してきた画面分割機能の使いやすさも圧倒的で、ビジネスにも、エンタメにも、スマホ以上のことができるようになっている。
たとえば、小さなスマホでは見えにくかった画面も。
大画面なので、見えやすくなります。さらに、9.7インチ?12.9インチの大画面と、画面分割は相性抜群です。

さらにiOS 11はより多くのアプリを同時起動できるようになるので、これからどんどん実用的になるはずです。

以上、最新iPadの進化点について解説しました。最新iPadは外観こそ従来モデルと大きな違いはないものの、中身は驚くほどの進化を遂げていました。編集部からもオススメしたいタブレットです。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [タブレット本体]
    「鳥貴族でPC作業がはかどった」なに言ってるか分からないと思いますが、ありのままお...
  • [タブレット本体]
    iPad派は見ないでください。「ファーウェイ」の2018年上半期ベスト
  • [タブレット本体]
    「こりゃ~極楽!」 “訳あり品”がお風呂テレビにピッタリな理由
  • [タブレット本体]
    Amazonで買えるタブレット、真の「最強コスパ」はコチラです
  • [タブレット本体]
    「こっちでよかった?」Proユーザーが“新iPad”に嫉妬した理由
  • [タブレット本体]
    【2018年】新型iPad完全ガイド[本気レビュー、激推しアクセサリ、厳選アプリ]
  • [タブレット本体]
    まさに「紙」タブレット、手書きならiPadをも上回るこの1台!
  • [タブレット本体]
    「新しい無印iPad」もう、手書きにProは要りません
  • [タブレット本体]
    アナログ歴30年のイラストレーターがiPadバカになった理由
  • [タブレット本体]
    種類多すぎ! FireとかKindleとかオススメはコチラです
  • [タブレット本体]
    iPadに負けてない! Amazonで人気の防水タブレットがコチラです
  • [タブレット本体]
    安いだけじゃない! Amazon大定番の買うべき逸品がこちらです
  • [タブレット本体]
    日本で唯一の専門誌「家電批評」読者が選んだベストバイがコチラ
  • [タブレット本体]
    iOS11で「iPadのパソコン化計画」が一気に進んだ5つの理由
  • [タブレット本体]
    どんどん増える「iPad兄弟」知っておくべきホンネの選び方
  • [タブレット本体]
    現役の成蹊大教授が授業にiPadしか使わない理由
  • [タブレット本体]
    生粋のMacユーザーが「iPad Proバカ」になった3つのポイント
  • [タブレット本体]
    【断言】この方法なら書類がなくなるはずがない
  • [タブレット本体]
    生粋の「iPadバカ」が今、あえて「mini4」を使い続ける理由
  • [タブレット本体]
    意外と知らない「iPadの補償」ベストな選択は?
  • [タブレット本体]
    【型落ちiPad】買って良いモデル、ダメなモデル
  • [タブレット本体]
    iPad絶好調!…でもSIMフリーならアンドロイドが買いの理由
  • [タブレット本体]
    【iPad Pro】どっちが正解? 「10.5 or 12.9」天下の分け目はココでした!
  • [タブレット本体]
    2万円以下のタブレットを買っていい人、ダメな人