老舗がつくる亀の子たわしは
100均たわしとは完全に別モノ!
2017年02月03日(金)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by ホーム360.life
老舗がつくる亀の子たわしは
100均たわしとは完全に別モノ!
たわしの効果や使い勝手なんて、どれも一緒……なんて思っていませんか? 抜け毛、傷のつき具合、汚れの落ち具合。老舗のたわしは100均とはまったく別製品、っていうくらい違ったんです!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 職人×老舗の定番たわしは
    タフで繊細な逸品でした!
昔ながらの定番お掃除道具、たわし。

いろんなところでいろんなたわしが売ってますが、たわしに違いなんてあるものだろうか、という疑問を解消するべく、全6製品を対象に汚れ落とし能力毛の抜け具合対象物を傷つけないかなどのテストをしてみたところ、すべての項目で亀の子束子の棕櫚たわし極メ NO.2が最高評価という結果に。

「たわしに違いなんて……」なんてバカな口をきいてしまい、本当に失礼いたしました。

間違いなくたわしに違いはあります!
亀の子束子
棕櫚たわし極メ NO.2
購入価格:648円

〈読み方〉しゅろたわしきわめ
耐久性とやわらかさを兼ね備える棕櫚(シュロ)を贅沢に使っているだけあって、パームを採用した一般的な製品と比べると、やわらかいのに強度はしっかり。そのためコンロのコゲ落としはじめ、水回り全般で大活躍してくれるのです!

ちなみに、極メシリーズは、現在NO.1~NO.6まで、6つのサイズで展開中で、こちらのNO.2は定番サイズ。木のまな板との相性が良く、調理後のお掃除もとっても快適です。
  • こするほど落ちるコゲ、汚れ。
    市販洗剤とのコラボで効果も倍増!
市販の洗剤と合わせて使えば、頑固な油汚れやコゲも見事に落ちました。他、5製品も同様のテストをおこないましたが、汚れ落ちの差は圧倒的でした!
たわし:亀:亀の子:亀の子束子:棕櫚:棕櫚たわし極メ
たわし:亀:亀の子:亀の子束子:棕櫚:棕櫚たわし極メ
  • こすった後の抜け毛も数本のみ
    100均は抜け毛に加えゴミも発生
たわしで洗濯板を50回こすった後、受け皿に残った抜け毛の量をチェックしてみると、棕櫚たわし極メ NO.2の抜け毛は数本程度
たわし:亀:亀の子:亀の子束子:棕櫚:棕櫚たわし極メ
100均たわしに至っては、抜け毛だけじゃなく、ゴミを散らかすという本末転倒な結果に。

なんという格差でしょうか。
  • 硬くてもろい
    ダメなたわしはキズが残ります
発砲スチロールを100回こすった後の傷つき具合をチェックすると、棕櫚たわし極〆 NO.2の場合は細かいキズも付きにくいという結果に。

やわらかい棕櫚(シュロ)を使っている効果が立証されたカタチです。頑固な汚れ相手でも頑張れます!
たわし:亀:亀の子:亀の子束子:棕櫚:棕櫚たわし極メ
100均たわしは、キズだけじゃなく一部深くえぐれている部分も散見されました。また、たわしの茶色が発砲スチロールに移るという予想外のリスクも発生!

たわしって、ココまで違いが出るんです!
  • [結果まとめ]650円の価値は大アリ!
    安モノたわしにはもう戻れません!
見た目はほとんど一緒でも、100均たわしとの実力差がこれほどとは、正直びっくりです。亀の子束子製の棕櫚たわし極メ NO.2のクオリティが、少しでも伝わったなら幸いです。
たわし:亀:亀の子:亀の子束子:棕櫚:棕櫚たわし極メ

テスト方法

全6製品のたわしを以下の方法でテストし、各性能を調査しました。

拭き取り力
ガスレンジの五徳を、洗剤を併用して50回こすり、その差を判定した

抜け毛
各たわしで洗濯板を50回こすったあと、受け皿に残った抜け毛の量をチェック

キズのつきやすさ
発泡スチロールを100回こすったあと、キズつき具合をチェックした

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [掃除道具]
    庭の雑草対策にオススメ! ギザ刃でヒョイヒョイ引っこ抜くスゴい道具がこちら
  • [掃除道具]
    知ってた? 黒ずみ落としの黄金比率は「重曹1+アレ1」でした
  • [掃除道具]
    マジックリン? カビキラー? 湯アカ汚れは“アレ”の方が効果テキメンなんです
  • [掃除道具]
    ベランダにレモン!? じつはこれが“劇的キレイ”の近道でした
  • [掃除道具]
    いきなり水拭きはNG! 換気口には "正しい" 手順があるんです
  • [掃除道具]
    「こすっても落ちない…」カベの黒ずみをラク~にキレイにする方法はコチラです
  • [掃除道具]
    「ダスキン」が作ったお掃除道具がお家でオフィスで大活躍!
  • [掃除道具]
    コレさえあれば、普通のティッシュがいつでもウェット化します
  • [掃除道具]
    玄関の掃除がたいへん…なら“収納グッズ”で解決するのが大正解なんです
  • [掃除道具]
    【ふとん干し用シート】Amazon人気4製品を比較。“ラクチン度”が段違いでした!
  • [掃除道具]
    窓掃除に“クルマ用のアレ”がめっちゃ効果アリ…ってご存知でしたか?
  • [掃除道具]
    「玄関いつもキレイですね」って言われる"お手軽"ヒミツ兵器
  • [掃除道具]
    達成感ハンパない! 「Amazon×業務用」が有能すぎでした
  • [掃除道具]
    掃除の仕上げはティッシュよりも断然「コレ」がベストな理由
  • [掃除道具]
    油汚れが水ナシでピッカリ! マイクロファイバー製クロス、おすすめ5選
  • [掃除道具]
    コスパ最強! ダイソーの“アレ”が最高評価になった理由【6製品比較】
  • [掃除道具]
    100均じゃ高い! お掃除てぶくろは“1枚10円以下”でイイもの揃います
  • [掃除道具]
    「あえて放置」カビ、サビ、ヘドロ…を撃退する効率の良い方法
  • [掃除道具]
    「これ楽だわ」大掃除の前に知っておいて良かったアイデア5選
  • [掃除道具]
    ベランダ汚れがみるみる落ちてく魔法の液体の作り方
  • [掃除道具]
    「サボっていたあなたへ」1年分の汚れを落とす最強クリーナー1位は…
  • [掃除道具]
    「オセロみたい」鍋の焦げが劇的にキレイになる方法
  • [掃除道具]
    知ってた? テレビのホコリ掃除は払うだけだと逆効果かも
  • [掃除道具]
    玄関掃除の「メンドクサイ」解決!スマートすぎるグッズの正体とは?