無印だけで17種類もあったんです
ベストボディタオル② とろ~り泡編
2017年02月02日(木)
増田 乃律子
増田 乃律子/Test by MONOQLO編集部
無印だけで17種類もあったんです
ベストボディタオル② とろ~り泡編
意外と知られていないですが、以前は無印のオンラインショップには17種類ものボディタオルがあったんです。今は、だいぶ入れ替わってしまって、買えない商品が多いですが(ゴメンナサイ)、そのときにテストした結果をご紹介。本記事は①につづいて「とろ~り泡」編です。
  • とろ~り泡部門のオススメは
    「ジュート麻パイルボディタオル」
モチモチ泡部門に続いて、とろ~り泡部門のベストバイは、無印良品のジュート麻ボディタオルでした。梱包や袋に使用されるジュード麻をメインに使っているので、肌触りはハードな部類、ゴシゴシ洗いたい人向いています。

泡はたくさんできるので刺激が緩和され心地よいです。泡は逆さにしても落ちませんでした。
無印良品
ジュート麻ボディタオル 
検証時価格400円

①泡のきめ細かさ:評価◯、とろみがかったコシのある泡で、意外と泡立ちがよい
②刺激の強さ:つよめ 1.077
③水切れのよさ:評価◯、基布はポリエステル100%で素材のわりに乾きは早め
コシのあるとろみ泡と麻のシャリ感がマッチしました。
自然なハードさ。泡立ちはよいです。
  • 1位の「ジュート麻~」以外に
    とり~り泡になるのはこちら
とり~り泡部門で一番オススメだった無印良品の「ジュート麻ボディタオル 」のほかに、20製品中でとり~り泡を楽しめたのは、以下の5製品でした。

結果としては、シャリッとした爽快感と泡のなめらかさを同時に楽しめる製品が並びました。「携帯用のびのび~」は伸縮性があり、タオル自体も泡に近い弾力性がありました。
握った瞬間から泡が生まれる!「無印良品 ナイロン泡立てボディタオル」。検証時価格450円。

厚手でよれにくく綿密な泡立ちの「無印良品 泡立てボディタオル」。検証時価格450円。

赤ちゃんにもおすすめの「無印良品 綿からみ織ボディタオル」。検証時価格420円。

やわらか泡でなでる感覚! 「無印良品 やわらか泡立てボディタオル」。検証時価格450円。

タオルの表面も泡みたいに柔らか! 「無印良品 携帯用のびのびボディタオルケース入。検証時価格450円。

オススメのコンテンツ

  • [バス用品]
    清潔で便利で、そのうえカワイイ! IKEAの収納スツール、超オススメです!
  • [バス用品]
    無印だけで17種類もあったんです ベストボディタオル③ サラサラ泡編
  • [バス用品]
    無印だけで17種類もあったんです ベストボディタオル① モチモチ泡編