無印だけで17種類もあったんです
ベストボディタオル① モチモチ泡編
2017年02月02日(木)
増田 乃律子
増田 乃律子/Test by MONOQLO編集部
無印だけで17種類もあったんです
ベストボディタオル① モチモチ泡編
意外と知られていないですが、以前は無印のオンラインショップには17種類ものボディタオルがあったんです。今は、だいぶ入れ替わってしまって、買えない商品が多いですが(ゴメンナサイ)、そのときにテストした結果をご紹介します!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 国内最大級の品揃え(だった!)
    優秀なボディタオルは無印にあり!
あらかじめお詫びしておきます。テスト結果は正真正銘ガチなのですが、実は、本記事で紹介されているボディタオルの多くはモデルチェンジしたり、販売終了だったりと購入することができません。ゴメンナサイ。「そんな記事、載せるなよ!」 ごもっとも! ゴメンナサイ。

ただ~し、前述の通り、かなりガチで検証しておりますので、いつか何かの役に立つかも(!?)しれないというのと、無印商品の場合、販売終了した商品が復活することもあるので、360.life的に「ぜひ復活してほしいボディタオルリスト」として、アピールしたいという理由もございます。

また、もっと本音をいうと、このサイトを作ったときから、「だいの大人が仕事としてボディタオルと格闘して泡をガチ検証する」というとてもウチ(晋遊舎)っぽいこの記事を真っ先に紹介したいとも思っていました。

早くご紹介しなきゃと思っているうちに、あれよあれよという間にテストしたほとんどの商品がすでに買えないという事態に……。一生懸命テストしていただいた皆様、ゴメンナサイ。

いずれにせよ、最新のラインナップでまたテスト次第、結果をご紹介させていただきますので、とりあえず現状のテスト結果をご笑覧ください。

ちなみに、事前にこの記事を読んだ方からは「無性にお風呂に入りたくなった」という影響も報告されております。

以上、360.life編集長西尾より、ながすぎる言い訳でした。

ということで、ここからはテスト担当の増田さんにバトンタッチして、本編をスタートしたいと思います。

それでは本編です。

実は、無印良品は日本でも有数のボディタオルメーカーと言ってもいいくらい、様々な素材やかたちのボディタオルを発売していました。

パッと見では違いはわかりませんが、実際に泡立ててみると、繊維の太さや織り方によって、できる泡のきめ細かさが変わることがわかりました。

そこで、本記事では、無印のボディタオル17種類とLoft、KEYUCA、マーナの人気製品を加えた全20種類を徹底的に泡立てて、①泡のきめ細かさ、②刺激の強さ、③水切れのよさの3点を検証(詳しいテスト方法は文末にて)。モチモチ泡派、とろ~り泡派、サラサラ泡派、それぞれにオススメのボディタオルを探しました。
こちらがモチモチ泡。まるでシルクみたいです。
こちらがとろ~り泡。なめらかムース風です。
泡たっぷり! こちらはサラサラ泡。
  • モチモチ泡部門のオススメは
    厚織ナイロンボディタオル・ソフト
それでは、モチモチ泡部門のベストから発表したいと思います。

モチモチ泡部門のベストバイは無印の「厚織ナイロンボディタオル・ソフト」でした。全20製品中で最も肌にかかる摩擦が少なく、ツノが立つモチモチ泡が楽しめました。

生地が柔らかく織り目が整っていて泡がきめ細やか。ナイロン製で水切れもよく、適度なシャリ感が心地よい、一日の疲れを癒すには最高のボディタオルでした。
無印良品
厚織ナイロンボディタオル・ソフト
検証時価格 280円

①泡のきめ細かさ:評価◎、もっちりとした泡で、シルクのようにきめ細やか
※評価は◎、◯、△、✕の4段階

②刺激の強さ:やわらか(0.735)
※数値は肌への刺激を表します。摩擦の度合いを摩擦係数試験で測定。静摩擦係数と動摩擦係数の平均値を算出。数値が大きいほど強い刺激を示します。

③水切れのよさ:評価◎、ナイロン100%でほんのり厚めだがカラッとしている
そのまま洗顔したくなるもっちり泡。やさしく洗えます。
ちりめんに似た風合いです。適度なシャリ感とやわらかさがイイ!
  • 1位の「厚織ナイロン~」以外に
    モチモチ泡になるのはこちら
モチモチ泡部門で一番オススメだった無印良品の「厚織ナイロンボディタオル・ソフト」のほかに、20製品中でモチモチ泡を楽しめたのは、以下の6製品でした。

全体的な特徴は、繊りが細かく厚手のタイプが揃ったことです。「ボディミトン」はよく泡立てて赤ちゃんを優しく洗ってあげたい逸品。「やわらかシルク入り」の肌触りもオススメでした。
ガシガシ洗いたい人向けの「無印良品 厚織ナイロンボディタオル・ハード」。検証時価格280円。

綿らしいしっかりとした感触の「無印良品 泡立てやすい綿パイルボディタオル」。検証時価格400円。

モチモチ泡で赤ちゃんにもオススメの「無印良品 ナイロン・ポリエステルボディミトン」。検証時価格220円。

ねっとり、もちもちの泡を体感できる「Loft 泡のソムリエ」。検証時価格324円。
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

しっとり優しくなでて使いたい「無印良品 やわらかシルク入りボディタオル」。検証時価格700円。

マイクロファイバー繊維できめ細やかな「KEYUCA fleecy BT wind ボディタオル」検証時価格432円。
(画像をクリックすると購入ページへ移動します)
  • 今回のテスト方法は
    以下の通り行いました
今回は以下のようにテストを行いました。

①泡のきめ細かさ
モチモチ・とろ~り・サラサラ泡を分類。編集部にてタオルを10cm片に大きさを統一、水に浸して同じボディソープを1ポンプ分垂らし、泡立てた。

②刺激の強さ
肌への刺激=摩擦の度合いを摩擦係数試験で測定。静摩擦係数と動摩擦係数の平均値を算出。数値が大きいほど強い刺激。
③水切れのよさ
編集部にて、実際にそれぞれを泡立て、使用と乾燥を繰り返して測定した。

「刺激の強さ」は、専門の検証機関に依頼。肌に対する表面の摩擦の度合いを測定した。

こちらがテストの結果を集計したエクセルです。
ガチです!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [バス用品]
    待ちきれないッ…! 企業戦士も直帰したくなるバスタイムグッズ4選
  • [バス用品]
    【ニトリ×梅雨】ジメジメ洗面所がスッキリ! 暮らしを変えるおすすめ4選
  • [バス用品]
    しゅわしゅわ~で汗すっきり。おフロの大定番を再評価!
  • [バス用品]
    もう布製には戻れない。“珪藻土なのにふわふわ”な進化したバスマット、おすすめです...
  • [バス用品]
    無印マニアが溺愛する“詰め替えジャー”に激似の100均ありました
  • [バス用品]
    どっちが無印良品? わかるあなたはMUJIラー決定です!
  • [バス用品]
    Amazonで大絶賛! 300円で浴室のお悩み解決できます
  • [バス用品]
    まるでホテル! 「水回りのスッキリ」は無印で作れるんです
  • [バス用品]
    無印良品そっくり…100均ソープボトルは買っていい? ダメ?
  • [バス用品]
    【100均】浴室にセリアとダイソーをちょい足しするとホテル化します
  • [バス用品]
    蛇口がピカッ! 水だけで新品に戻すグッズがコチラです
  • [バス用品]
    【Amazonリピ買い続出!】おフロ掃除の鉄板ブラシを知ってますか?
  • [バス用品]
    誰もいなくても、勝手にアツアツにしてくれてる秘密兵器
  • [バス用品]
    我が家のお風呂はスーパー銭湯を超えてます
  • [バス用品]
    【最後の1滴】まで使える 100均詰め替えボトルが手放せない!
  • [バス用品]
    冷房病対策に電子レンジ!? 自宅で格安スパを実現させる4つの方法
  • [バス用品]
    塗るじゃなく、貼るだった! お風呂場の曇り止め、ついに解決!
  • [バス用品]
    清潔で便利で、そのうえカワイイ! IKEAの収納スツール、超オススメです!
  • [バス用品]
    無印だけで17種類もあったんです ベストボディタオル③ サラサラ泡編
  • [バス用品]
    無印だけで17種類もあったんです ベストボディタオル② とろ~り泡編
  • [トイレインテリア]
    IKEAや100均で垢抜け! トイレ・バスルームの殿堂入り収納グッズ7選
  • [洗面台周り用品]
    気分はバリ島! 無印良品の“置くだけでホテル風”になる意外なおもてなし術
  • [トイレインテリア]
    無印・フランフランで作る「ホテルみたい」なバスルーム収納
  • [トイレインテリア]
    「脱・生活感」なトイレの作り方、プロが本気で考えました