【Pro顔負け】格安iPadでイラスト描くならコレを見て!
2017年10月10日(火)
360.life編集部
360.life編集部/Test by 家電批評編集部
【Pro顔負け】格安iPadでイラスト描くならコレを見て!
イラストを描く人にとっても話題の「iPad Pro」と「Apple Pencil」。でもやっぱりお値段がするのがネックです。そこで、格安の「無印iPad」でも、絵筆みたいにスラスラ描けるスタイラスペン探しを決行! 今回は「気軽にデジ絵をはじめてみたい」という人向けに、無印iPadで使える6製品をピックアップしました。
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • 無印iPadで絵筆っぽく描けるか
    スタイラスペン6製品を評価
『絵筆感覚』に近いイラスト向けのスタイラスペンを探すべく、6製品を検証しました。書き出しのタイムラグとズレが小さいかどうか、長時間書いても疲れないかどうかもチェック。
絵筆のように、濃淡の描き分けまでできるとカンペキです。
ペン先のタイプによって、書き出しのタイムラグとズレにある程度特徴があります。左から細いタイプ、中央は丸いタイプ、右はディスクタイプで、最近主流のペン先はこの3種類。
少し使って違和感がないかを確認。ペンの重さ、軸の太さ、表面の滑りやすさなど、複数の要因によって疲れ具合はかなり異なります。

それでは早速、絵筆みたいなスタイラスペンのランキングを発表します!
  • 1位はワコム Bamboo Sketch
    反応速度も速く濃淡の描き分けも魅力的!
ペン内蔵のセンサーとiPadがBluetoothで通信して筆圧を感知するので、反応速度が速いです。濃淡の描き分けが自在にできるから、手描きイラストの表現力も豊かになります。

反応速度や正確さはアクティブスタイラスの中では良好で、イラストメインにも手書きメモにも使えます。

しかも、アルミ製のペン軸で軽い質感だから、長時間使っても疲れにくいです。絵筆のように快適に描けてコスパも◎で、硬さの異なる2つのペン先が付属しているのもうれしい! 充電は付属のケーブルにて。
ワコム
Bamboo Sketch
実勢価格:8778円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)
軸の断面が三角形で握りやすい!
線の太さや色の濃淡も自在。筆圧表現はもちろん筆跡も正確で、2つのサイドボタンでツールを素早く切り替えられる点もうれしいです。
  • ibisPaint Xのアプリを使えば
    気軽にイラストを始められます
無料アプリibisPaint XはBamboo Sketchと一緒に使うと、本格的なイラストにも対応できます。ユーザーも多く、ネット上で使い方や活用テクニックが公開されているので、初心者から熟練者まで誰にでもおすすめのイラストアプリです。
ibisPaint X
作者名:ibis inc
価格:無料

幅広いユーザーに人気のイラスト制作アプリ。筆圧感知機能のないスタイラスペンでも十分使えます。
ペン先と描画の位置ズレ調整機能が付いています。
  • 2位はAdonit Pixel
    Procreateアプリはプロも御用達!
Apple Pencilよりも高額ですが、握るだけで電源が入る使い勝手のいい設計になっています。もちろん、筆圧感知機能も付いています。
Adonit
Pixel
実勢価格:1万5635円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)
Procreate
作者名:Savage Interactive Pty Ltd
価格:720円

Adonit Pixelの機能を十分発揮するには、このアプリが必須!
最高クラスのイラスト制作アプリで、パソコン用アプリにも引けを取らないほど高性能です。
  • 手書き1位のルネサンス・プロが3位
    たまにイラストを書きたい人向け
手書き感覚編で1位のルネサンス・プロが3位にランクイン。文字書きがメインで、たまにイラストを描きたい人向け。ペン先で感度を調節できますが、筆圧感知機能はありません。
JTTオンライン
ルネサンス・プロ
実勢価格:3980円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)
  • 4位は木製で心地よいけど機能は並
    fifty three「paper」専用 スタイラスペン
木製の軸で手触りがいいです。専用アプリ「paper」で使うと、筆圧感知機能も働いて、パフォーマンスを発揮します。しかし、それ以外では並かも。
fifty three
「paper」専用 スタイラスペン
実勢価格:4900円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)
  • 5位はAdonitのSwitch
    イラストを正確に描くのにおすすめ
ペン先が丈夫なジョイント式で電源不要のディスクタイプ。正確に描くことにこだわるなら、コレがおすすめです。
Adonit
Switch
実勢価格:3237円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)
  • 最下位はAdonit Dash 2
    イラストよりも手書きに向いてます
イラストよりも、文字や図形を手書きする時に向いています。ペン後部にあるスイッチで電源をオン・オフできる点はスマート。ボディカラーはブラックもあります。
Adonit
Dash 2
実勢価格:9752円
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)

少し凝ったイラストを描きたいなら、筆圧感知機能が付いたスタイラスペンがおすすめです。それぞれのペンに対応したアプリと組み合わせて、もっと本格的にデジ絵を楽しんでみては?
360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [タッチペン・スタイラス]
    無印iPadがまるでProみたい! 魔法のペンがコチラです
  • [タブレット本体]
    iOS11で「iPadのパソコン化計画」が一気に進んだ5つの理由
  • [タブレット本体]
    【ヨドバシ店員に聞いた】iPadが今売れている3つの理由
  • [タブレットアクセサリー]
    格安iPadに「ちょい足し」したらProを買うより大変身
  • [タブレット本体]
    どんどん増える「iPad兄弟」知っておくべきホンネの選び方
  • [タブレット本体]
    現役の成蹊大教授が授業にiPadしか使わない理由
  • [タブレット本体]
    生粋のMacユーザーが「iPad Proバカ」になった3つのポイント
  • [タブレットアクセサリー]
    【悲劇を生まない】お風呂iPadの救世主がコチラです
  • [タブレット本体]
    【断言】この方法なら書類がなくなるはずがない
  • [タブレットアクセサリー]
    【5時間→2時間】iPad Proの充電時間を半分にする裏ワザ
  • [タブレット本体]
    生粋の「iPadバカ」が今、あえて「mini4」を使い続ける理由
  • [タブレット本体]
    意外と知らない「iPadの補償」ベストな選択は?
  • [タブレットアクセサリー]
    【純正は高すぎ】iPad Pro用お買い得キーボードTOP4
  • [タブレット本体]
    【型落ちiPad】買って良いモデル、ダメなモデル
  • [タブレット本体]
    iPad絶好調!…でもSIMフリーならアンドロイドが買いの理由
  • [タブレット本体]
    【iPad Pro】どっちが正解? 「10.5 or 12.9」天下の分け目はココでした!
  • [タブレットアクセサリー]
    タブレット初心者が感動した周辺機器おすすめ4選
  • [タブレット本体]
    2万円以下のタブレットを買っていい人、ダメな人
  • [タブレットアクセサリー]
    ソニーが作ったプログラミング学習に 編集長ファミリーが大興奮したワケ
  • [タブレット本体]
    【日本限定Kindle】のマンガモデルを 書籍派でも買うべき理由
  • [タブレット本体]
    新iPad Pro発表の裏で 「無印iPad」の存在価値が急騰中です
  • [タブレットアクセサリー]
    【iPadでかすぎ!】タブレットを“フリーハンド”で使うベストアイデア9選
  • [タブレット本体]
    iPad miniの独壇場はもう終わり! 8インチの新本命が買い時です
  • [タブレット本体]
    新iPad登場でも揺るがない 「ZenPad」が最高コスパの理由