プレステVRを買うべき理由と
たったひとつの大きな欠点
2017年01月26日(木)
冨田 岳
冨田 岳/Test by AV機器360.life
プレステVRを買うべき理由と
たったひとつの大きな欠点
プレステVRよりも前に、すでに発売済みのVR製品はいくつかありますが、一番の違いはゲームソフトでしょう。「バイオハザード」や「鉄拳」といったビッグタイトルが、他のVRより大きな話題をさらっている一番の要因です。今回は発売前から話題になっていたバンダイナムコの「サマーレッスン」を中心に、VRゲームがどういったものなのか、本当に“買い”の価値があるのかを、徹底的にレポートしたいと思います。噂の「VR酔い」についての疑問も、ズバッと回答しちゃいます!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 一時のブームだった「3D」や
    お手軽スマホVRとは訳が違った!
  • 見るだけじゃなく体験できるのがVRです
とにかく、スクリーンの範囲内で立体感を演出する3Dと違い、VRは目に映るすべての世界が変わりました。また、基本的には「見るだけ」の3DやスマホVRと違い、プレイヤーの動きを認識できるのも体験している感覚になれる秘密です。
  • そして、特にスゴイのが「サマーレッスン」
(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

自分が家庭教師になり、女子高生の「ひかり」に勉強を教えていくというコンセプト。
トップ画面でまず感動。選択するメニューがカフェのような場所を背景に浮いているんですが、これがまた、近未来感がものすごい!
  • 距離を認識して人間的な反応をする
上からとか横に回り込んだりとか近寄ったり離れたり下から覗き込んだりと、女子高生の部屋で自由に動き回っている感覚が本当に味わえます。

一番感動したのは、スマホをいじっているところで後ろに回ると、「ちょっとのぞかないでよ!」なんていう風に、こちらの動きに合わせて叱ってくれたこと! 触れ合い感がすごいんですよ。
  • VR WORLDSは大騒ぎ間違いなし
(c)Sony Interactive Entertainment Inc.

「ワイドナショー」でダウンタウンの松本さんが体験していたのを見た人もいるのでは? 叫び声を上げ、椅子から転げ落ちそうになっていましたが、あのリアクション、マジです。私もなりました。というか会社中、全フロアの人がなってました。
  • 唯一、弱点があるとすれば
    ゲームによっては「VR酔い」がある
  • 試したのはこのゲーム
(c)Sony Interactive Entertainment Europe

<製品情報>
SIE
RIGS Machine Combat League 
購入価格:6900円
ロボットのコックピットに乗り込み自由自在に動かしながら標的を撃ち落とすアクションゲーム。男心をくすぐるロボットのディティール感は圧巻です。ローンチタイトルながらこの完成度はすごい。
  • 気分が悪くなる人が続出しました!
ゲームの出来はお世辞抜きで素晴らしく、グラフィックのディティールや臨場感の演出は文句ナシ。ただし、しばらくプレイしているとどうしても乗り物酔いのような症状がでてきしまいました。VR酔いには諸説ありますが、乗り物酔いに強い人でも症状があることから、脳とカラダの感覚不一致が原因という説が有力です。
  • 酔い止めを飲みながらプレイする強者も…
体験者の話によると酔い止めは効果があるらしいです。「そこまでして…」という気もしますが、そこまでしたくなるようなゲームのクオリティであることは確かです。

  • [まとめ]買って後悔は一切ナシ
    ただし「VR酔い」には注意が必要
初回発売から約3ヵ月がたち、たくさんのレビューがネットで見られるようになりましたが、そのほとんどは「感動的」「革新的」といったものです。たしかにその感動は嘘ではなく、購入した私も友人に「あれは腰抜かす」と言い回りました。

ただ、やはり知っておいて欲しいのは「VR酔い」について。RIGSに関しては「たまに起きる」レベルではなく、「ほぼ間違いなく」起きます。臨場感を出すために、あえてそういったチューニングにしているという話もありますが、長時間のプレイは正直無理ですね。

「サマーレッスン」や「バイオハザード」のような、そこまで高速な動き(自分が高速で動く)がないゲームでは、ほとんど酔いは感じませんが、今後「グランツーリスモ」のようなタイトルをプレイしたときには心配です。

というようなネガティブ要素を並べてしまいましたが、それがあったとしても私としては「買い」です。そのくらい、未知の体験ができますし、まだ歩きはじめたばかりの製品とは思えないほど完成度です。

続々と新タイトルも発表され、今後への期待は高まる一方なので、何とか入手してプレイしてみることをオススメします。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [ゲーム]
    「もうあきた」? あなたはハンドスピナーの本気をまだ知らない
  • [ゲーム]
    スマホ充電も! Nintendo Switchの知って得する裏テクニック
  • [ゲーム]
    【予約再開】ニンテンドースイッチの 今さら聞けない「キホンのき」
  • [ゲーム]
    「プレステVR買っちゃった!」 から使い倒してみました。
  • [4K]
    【2017年BEST】家電批評が選んだ 今年の「最強4Kテレビ」がコチラです
  • [4K]
    Amazonの格安4Kモニター"本音の選び方"
  • [4K]
    買う前に知っておきたい、格安4Kテレビの限界
  • [4K]
    え、そうだったの? 画質だけじゃない格安4Kテレビが安い理由
  • [4K]
    格安4Kの落とし穴。ドンキ、ハイセンスを買う前に知っておきたいこと[録画編]
  • [ホームシアター]
    ASUSを超えた! 自動フォーカスがヤバすぎな格安プロジェクター発掘
  • [4K]
    【激安の真実】メーカーが言わない格安4Kテレビの落とし穴
  • [液晶テレビ]
    【量販店では買えない】Amazonで狙う「型落ち」お買い得テレビ3選
  • [ホームシアター]
    「もうディスプレイには戻れない」欧州サッカーも映画も、お好きな場所でシアター化!
  • [4K]
    【ドンキの4K】のホンネ評価公開! 「格安4Kテレビ」画質ランキング7選
  • [液晶テレビ]
    安くて便利で「ちょうどいい」! プロが選んだ一人暮らし家電
  • [ホームシアター]
    【家族に衝撃走る】ウチのテレビって映画館レベルじゃない? と思わせる3つの手段
  • [ホームシアター]
    壁が、天井が、スクリーンになる! 寝室で映画を観るための新アイデア
  • [4K]
    安くて売れすぎ「ドンキの4K」に 慌てて手を出さない方がいい理由
  • [ブルーレイ]
    【Amazonで発見!】世界中の ブルーレイを再生できるプレーヤー
  • [ホームシアター]
    【編集部セレクト】3万円でも 買ってよかった家電6選
  • [4K]
    【ブランド比較】4Kテレビ多機能ランキング5選 タイムシフトもYouTubeも全部入りなの...
  • [4K]
    【最新4Kテレビ】3位ソニー、2位パナソニック、1位は…プロが選んだ最強ランキング9選
  • [4K]
    【4Kテレビ】7年前とここまで違う! プロの目で見た最強画質ランキング9選
  • [4K]
    【4Kテレビ】東芝Z810 VS Z910 最高峰の画質対決の結果は…