「屋外リビングはコールマン」なら全員が幸せになれる理由
2017年11月10日(金)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
「屋外リビングはコールマン」なら全員が幸せになれる理由
キャンプで活躍するのはテントだけじゃありません。簡単に張ることができて、日差し・風・雨から守ってくれるタープもお役立ち! 初心者向けの逸品をご紹介します。
  • 屋外に“リビング”をつくる?
    定番人気モデルをテスト
    
キャンプにおける寝室がテントなら、リビングがタープ。雨風や日差しを防いでくれる重要なキャンプグッズの一つです。だけど、初心者なら当然思うのが「タープっていろいろあるけどどれがいいの?」ということ。

今回は初心者も買いやすい格安の3製品、そして識者がビギナー向けに推すコールマンの製品を加えて全4モデルを比較してみました。初めての設営でも大丈夫なのはどれ?

[テスト方法]
「1万円前後」という価格帯に絞って、「ヘキサタープ」タイプの4製品を比較。雪の中に実際にタープを立ててパーツの使いやすさ、広さ、性能を検証してみました。
  • コールマンが初心者向けNo.1!
    クロスポール付きで安定度◎
コールマン
XPヘキサタープ/MDX
実勢価格:1万4557円
サイズ:460×435×230cm
重さ:7.6kg 

安定感あるポールで、ビギナーにぴったり! 識者が推奨するタープは、とにかく安定感が抜群です。ペグ打ちをする箇所も少ないので、初心者でも短時間で設営できました。

雨も日差しもしっかり防いでくれるし、紫外線への対策も万全、文句なしにおすすめできる逸品です。
  • パーツの使いやすさ:4pt
ペグはプラスチックですが、ほかのパーツは申し分のない使いやすさで高い評価を獲得しました。
  • 広さ:4.5pt
クロスポールで高さを確保しており、3~4人が悠々活動できるスペースを作れます。
  • 性能:5pt
2万5000円クラスのテントと同じ素材なのでタープはしっかり。ポリウレタン樹脂が入っているので防水性は抜群です。
タープ設営で一番大切なのがポール。本製品は片側に2本使用するクロスタイプで安定感があります。設営もラクラク!
  • 雪中テストも耐えたDOD
    UPF50+素材でUV対策も万全
DOPPELGANGER OUTDOOR
トリコロールタープ TT5-89 
実勢価格:8740円
サイズ:420×420×200cm
重さ:2.6kg 

配色がオシャレタープだけど、実力も充分! 紫外線にも雨にも強く、雪の重さにも見事に耐えてくれました。
  • パーツの使いやすさ:3.5pt
ペグは安定感が高くしっかりと固定できます。自在金具は慣れると十分に使いやすいですよ。
  • 広さ:3.5pt
ポールはやや短いですが、圧迫感は感じません。ファミリーユースにも十分耐えられる広さですね。
  • 性能:4pt
タープの素材はUPF(紫外線保護係数)50+と優秀。紫外線を通しにくい上、高い耐水性も確認できました。
  • 太めのポールが◎
    キャプスタはサイズ、性能も優秀
    
キャプテンスタッグ
オルディナ ヘキサ タープ セットM-3167
実勢価格:5300円
サイズ:400×420×220cm
重さ:約3kg 


太めのポールで安定感があり、タープも日差しをしっかり遮る上質さ。とにかく安く買いたいという人ならおすすめのタープです。パーツは少々頼りないですが、この価格は魅力的 !

  • パーツの使いやすさ:3pt
太めのポールは悪くないつくりですが、ほかのパーツはプラスチック製でした。
  • 広さ:4pt
高さ220cmと広さはなかなかのもの。テーブルなどを置いても空間に余裕があります。
  • 性能:4pt
少々薄そうな印象はありますが、しっかりUVカットできる生地を採用。撥水性が高く雨でも安心。遮光性も高いですよ。
  • モンベルは難燃素材が◎
    ポールは別売りなのでご注意を
モンベル
ミニタープHX 1122474-DKFO
実勢価格:8316円
サイズ:338×280×165cm
重さ:約640g 

燃えにくい素材のタープは高品質で、ほかの製品と比べると小さくて軽いのが特徴。1~2人で利用したい場合は有力候補になるでしょう。難燃加工した素材を使用しており、万一火の粉が飛んでも燃え広がりにくいんです。ただ、ポールが付属していないので要注意!
  • パーツの使いやすさ:3pt
ポールは付属してないので、別途購入が必要です。ペグはアルミ製でかなり優秀な仕上がりでした。
  • 広さ:3pt
サイズはかなり小さめ。非常に軽量なのでソロキャンパーならアリかもしれません。
  • 性能:4pt
耐水圧と難燃加工が施されており、素材はしっかり。軽量なのもうれしいですね。
以上、初心者におすすめのタープをご紹介しました! ちなみに、タープの設営は初心者でもそれほど難しくはありません。YouTubeの動画などを参考にすると初めてでも大丈夫でしょう。2人いれば安心ですが、慣れると1人でも設営できるはず。
おすすめ製品を張って、キャンプサイトに快適な「リビング」を作りましょう!

360.lifeは、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

オススメのコンテンツ

  • [テント]
    【2万円テント】安すぎると不安? 大丈夫、コールマンですから!
  • [テント]
    コールマンだけじゃないんです。スムーズにゆったりできる名品6選
  • [テント]
    昨年、一番人気のテントの良し悪しを アウトドア取材班が明らかにします。
  • [ポップアップテント]
    ポップアップサンシェードNo.1決定戦! ベストバイはひんやり感が別格でした
  • [レジャー用品]
    【50人の本音】たばこ感はiQOS、吸いやすいのはPloom TECH、乗り換えなら…?
  • [レジャー用品]
    【非喫煙者50人の本音】iQOS、Ploom TECH、glo。ニオイが気になるのは?
  • [レジャー用品]
    【100人の本音】iQOS、Ploom TECH、glo。まず試してみるべき1本はコレ!
  • [レジャー用品]
    iQOSはホントに大本命? “過熱式たばこ”の選び方[使用感編]
  • [ランタン]
    Amazonで意外な人気!キャンプで役立つLEDランタン6選
  • [レジャーシート]
    「小さくて軽い」がすべてじゃない! コールマン“洗える寝袋”大絶賛のワケ
  • [レジャー用品]
    【どや顔必至】スピーカーなのか、ランタンなのか。その正体は……
  • [レジャー用品]
    迷ったら買っとく! アウトドア雑誌編集部が自腹で買ってる新定番11選
  • [レジャーシート]
    これ1枚でどこでもベッド! コールマン膨らむマット大絶賛のワケ
  • [テーブル]
    大定番コールマンを超えた! ピクニックの主役は今日からこっちです
  • [チェア・ベンチ]
    コールマンだけじゃない! 公園をラウンジに変える絶品チェア【6製品格付け】
  • [コンロ・焚き火台]
    【焚き火台おすすめ6選】マニアック? いやいや、キャンプの万能選手なんです
  • [レジャー用品]
    BBQの消耗品、100均で買っていいものダメなもの
  • [レジャー用品]
    【Amazonで揃います】運動会間近のお父さんお母さんに絶対おすすめの3選
  • [レジャー用品]
    【8製品格付け】打ち上げ花火、どれを買えばいいのか問題が解決しました
  • [フィールドギア]
    【1万円で大満足】買ってスグ飛ばして撮影できるドローン入門編
  • [外遊び用具]
    キャンプシーズン到来、さぁ準備!…で、まずは【100均】に行くべき理由
  • [バーベキュー用品]
    1ポンドステーキにかぶりつき! BBQの「手間なしゴージャス」化が止まらない!
  • [バーナー]
    男を上げる! コツすら不要のバーベキュー火おこし裏技
  • [バーベキュー用品]
    「BBQはコールマンを選んでおけば全員が幸せになる」説がガチである理由