カプセル入れてボタンを押すだけ! 
最強過ぎる珈琲マシンベストバイ
2015年05月19日(火)
浅沼 伊織
浅沼 伊織/Test by MONOQLO編集部
カプセル入れてボタンを押すだけ! 
最強過ぎる珈琲マシンベストバイ
世界中で人気沸騰中のカプセル式コーヒーマシン。気にはなるものの使い勝手はどうなの? 洗浄は面倒臭くないの? 味は美味しいの?どれを買ったらいいの?と疑問もまだまだ多い。そこで、カプセル式コーヒーメーカー6製品を徹底比較して、どれがベストバイなのかを検証してみました。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • カプセル式コーヒーマシン6製品を
    コーヒーのプロ3人が徹底飲み比べ!
世界中でブームとなっているカプセル式コーヒーマシンですが、その理由はカンタンな使い勝手にある模様。

①「専用カプセルをセットして」
②「ボタンを押すだけ」。

手順はこれだけで、30秒待てば淹れたてのコーヒーがすぐ飲めるんです。
さらに特徴的なのは、マシンによっては抽出に圧力を使っており、本格的なエスプレッソも淹れられるという点でしょう。エスプレッソもコーヒーも淹れられるネスレのマシンは、コーヒーも同じ方式なのでひと味ちがう旨さを楽しめるなど、味も手間もワングレード違うようです。

唯一のネックはその価格。1杯あたり約50円から100円以上まで。インスタントやコーヒー豆と比較すると若干高めですが、もし味が美味しければ使い勝手が良い分、十分オススメに値するでしょう。

そこで、今回は国内で販売されている5メーカー、6製品のカプセル式コーヒーマシンを徹底検証しました。各マシンとも、カプセルのラインナップで「マイルド」などがつく最もベーシックなカプセルを使用し、使い勝手やカプセルのコストパフォーマンスはもちろん、味を7項目にわたってコーヒーのプロ3名に飲み比べて頂きました。なお、今回テストした6製品は以下の通りです。

・象印「珈琲通 EC-PA10」
・UCC「エコポッド Pelica」
・ネスレ「Nespresso Inissia」
・ネスレ「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2」
・キューリグ「ネオトレビエ BS200」
・illy「Francis Francis! Y3」

果たして、毎日の「コーヒー生活」を変えるベストバイなマシンはあるのでしょうか?
  • カフェのビジネススクール「カフェズ・キッチン」
    全面協力のもと、コーヒーのプロ3名が徹底味比べ
今回、カプセル式コーヒーマシン計6製品を、それぞれベーシックなカプセルを使用して味から使い勝手、コストパフォーマンスまでを実飲検証しました。また、ネスプレッソとドルチェグストに関しては、さらに協力いただいたカフェスクールのスタッフ4名にも協力していただき、計20個のカプセルの飲み比べも実施しています。

なお、テストにあたり、各メーカーに問い合わせを行ったところ「各モデルとも、味に関しては同じです」との回答がありましたので、モデル選定は各ブランドの一番ベーシックなものを使用しています。
日本カフェプランナー協会会長 カフェズ・キッチン学園長 富田佐奈栄先生(写真左):カフェズ・キッチン佐奈栄学園(東京都中目黒)の学園長にして日本カフェプランナー協会の会長/コムスペ―ス㈱代表 カフェズ・キッチン講師 中川恵介先生(写真中央):カフェなどの設計を手がける「コムスペース」代表。カフェズ・キッチンでは講師として活動している/株式会社コメール 代表取締役常務 戸張一輝さん(写真右):都内で24店舗の飲食店を経営する株式会社コメールの代表取締役常務。食から珈琲まで造詣が深い
コーヒーのプロ3名の協力のもと、6製品それぞれのベーシックなカプセルを飲み比べて評価。味の評価は「香り」「酸味」「苦み」「甘み」「雑味」「後味」「ボディ」の7項目。
  • コーヒーもエスプレッソもOK! かつ一番お手軽で美味しい!
    ベストバイは「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2」
コーヒーもエスプレッソも淹れられるネスレの2製品のうち、エントリーブランドの「ドルチェグスト」。若干ずんぐりとした本体と、一杯58円からという価格で正直期待していませんでしたが、予想外の結果に。

まず、「レギュラーブレンド」を使用したコーヒーですが、富田先生は「コーヒーのクリアさもあり、香りもきちんと出ています」と高評価。圧縮式でないコーヒーメーカーは若干薄めの味ですが、このモデルはきちんと「濃い」コーヒーが抽出できて本格的です。クレマ(泡)も立っていました。

ただ、「エスプレッソ」に対しては「後味に酸味は感じるので及第点ですが、若干コーヒーっぽい」(富田先生)との評価。お店のエスプレッソにはかなわないけれど、家で飲むエスプレッソとしては問題なしという評価でした。

意外だったのがラテ系カプセル。ミルク用カプセルとコーヒー用カプセルの2段式なのですが、泡がしっかりしており、甘みも苦みもきちんとしていてお店で飲むのと遜色ありませんでした。

使い勝手の部分では、水タンクが洗いにくい、使用済みカプセルは手作業で捨てるなど、気になる部分はありますが、カプセルの価格の安さ、そして、スーパーでも手に入る買い易さはそれを補うほどのポイント。味よし、コスパよしの買って後悔しないモデルです。ちなみに担当編集も検証の後、自腹購入しました。

<製品情報>
ネスレ
ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2
購入価格 : 8226円

サイズ : 高さ29.6×幅16.5×奥行25.7cm
重量 : 約2.7kg
タンク容量 : 1000mL
消費電力 : 1460W
ポンプ気圧 : 15気圧

  • テストにしたのは、こちら2つのカプセル
今回のテストに使用したカプセルは「ネスレ レギュラーブレンド」と「ネスレ エスプレッソ」の2つ。どちらもカプセル1個あたり約58円。
エスプレッソに関しては及第点でしたが、レギュラーブレンドに関してはなかなかの評価です。「優しい味わいなので、さらっと飲めます」(富田先生)、「少し使いづらいですが、色合い、クリアさともに◎」(中川先生)、「コーヒーらしい味わいで、安いのも◎です」(戸張さん)と3名ともに高評価でした。

  • 普段飲みにぴったりな味わい。チョコチーノやラテも美味しい
「レギュラーブレンド」はクリアさがあり雑味も少なく、コーヒーとして満足な味。朝飲むのにぴったりです。また、ミルク用カプセルも使うラテ系も、想像以上のふんわりミルクで非常に美味しく、気分転換にも最適でした。
  • 若干本体は大きいですがキッチンに置くなら問題なし!
兄弟機のネスプレッソと比較すると本体が大きいですが、キッチンに据え置くなら気になりません。ただ、抽出時の「ズオォォォ」という音はそこそこ大きめです。夜には若干気後れしてしまいます。
  • お手入れは手作業が多めで慣れるまでは少し面倒さも
一番残念なのがタンクの形状です。慣れちゃえば気にならなくなりますが、水のタンクがとにかく洗いにくいんです……。
自動で使用済みカプセルを処理してくれるネスプレッソやイリーと違い、自分で毎回カプセルを取り出す必要があります。

また、一番うれしいのが、美味しいのにカプセルが1杯58円からと安く、スーパーでも手に入る点。他のマシンは基本的にスーパーでは見つけられず、ネットで買うしかないんです。いつでもすぐ買えるというのは、ホントに便利です。
  • 続いて、ドルチェグスト専用カプセル飲み比べ
    本サイトのおすすめカプセルランク付け!
[第1位]は、チョコチーノ(カプセル1個 : 約122円)
ミルク、チョコの2つのカプセルを使用するチョコチーノ。お店で飲むココアに近い味に、検証会場がわきました。
[第2位]は、モーニングブレンド(カプセル1個 : 約58円)
同じく[第2位]は、マイルドブレンド(カプセル1個 : 約58円)
4位から11位は以下の通りでした。
  • コーヒーだけやエスプレッソだけでいい場合や
    味にこだわりたいないなら他製品もアリです
今回、「ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2」をカプセル式コーヒーマシンのベストバイ製品として紹介しましたが、これはあくまでもコストパフォーマンスなども含めて総合的に評価した場合の話です。コーヒーやエスプレッソだけで良い場合や、コスパ度外視で味を追求したい場合には、他の選択肢も出てきます。今回テストしたその他の製品についての結果は、近日レポートします。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    小さい、早い、安い。おひとり様コーヒーメーカーがズボラ暮らしに最適すぎ!
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    【アイスコーヒー】を自宅で淹れると薄い…解決方法がコチラです。
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    コーヒー豆は“挽き方”で味が変わる? ダンゼン違う「ミル選び」のコツ
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    コーヒーミルランキング18製品 プロが「喫茶店の味」と唸った1位は?
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    憧れのサイフォンが電気で簡単! 愛用マニア多数のコーヒーメーカー知ってます?
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    付加機能なんてどうでもいい! コーヒーメーカー選びでホントに大事なコト
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    豆を挽いて、ドリップして。 そのまま飲めるタンブラーってアリ?
  • [コーヒーメーカー・電動ミ...]
    アマゾンで635レビューの泡立ちミルク器 もうスタバもエスプレッソ機も要らない!?
  • [電子レンジ・オーブン]
    めっちゃ安くなってます。“買う理由あり”な格安スチームオーブン3選
  • [電子レンジ・オーブン]
    発売1年でお買い得! パナソニック型落ちレンジが丁度良い理由
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    ウチの母さんが、突然肉を焼くのが上手になった理由はコレか
  • [電子レンジ・オーブン]
    Amazonベストセラーは2万円台!スチームオーブン買うなら今が狙い目
  • [電子レンジ・オーブン]
    買う前に知っておきたい。スチームオーブン高い理由、安い理由
  • [調理家電]
    だからウマい! 鍋の温度が下がらない、火力自慢のIHヒーター
  • [炊飯器]
    人気炊飯器をガチ比較! ベストバイは圧勝でこちらのブランドでした
  • [炊飯器]
    賛否両論! 話題のオシャレ炊飯器の良いところ、ダメなところ
  • [電気ケトル・ポット]
    すぐ冷めない! 最近の電気ケトルは飲み頃が1時間も続くんです
  • [調理家電]
    自家製ローストポークが40分放置で絶品に仕上がる理由
  • [調理家電]
    なぜコレが8000円? 1台5役の卓上鍋【レコルトさんやり過ぎ】
  • [調理家電]
    秋だって冬だって! アイスを毎日食べたい人へのオススメ品
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    「黒焦げよ、さようなら。」食卓に引っ張りだこなホットプレート
  • [ホットプレート・グリル鍋]
    Amazonで売れすぎ「やきまる」が “煙なし”焼き肉のBESTである理由
  • [調理家電]
    キッチン家電ベスト8選 211台から選んだ8年間の集大成
  • [炊飯器]
    【炊飯器】噂のバーミキュラは何が違う?最新ブランド徹底食べ比べジャッジ