ポップアップサンシェードNo.1決定戦!
ベストバイはひんやり感が別格でした
2015年07月18日(土)
青山 卓弥
青山 卓弥/Test by MONOQLO編集部
ポップアップサンシェードNo.1決定戦!
ベストバイはひんやり感が別格でした
この夏、海・山・川のみならず、プールや公園などなど、行く先々でいい感じの小さいテント目撃しませんでしたか? それが大流行中のポップアップサンシェードです。荷物置きにしてよし、子どもと一緒に休憩してよしと、もはやアウトドアレジャーにはなくてはならないマストアイテムに。うちもそろそろひとつ……という方のために、ベストバイを探してきました。
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
薄い円形のケースに入った本体を取り出してサッと広げればポコンと広がり、30秒で立派な日陰が完成するというお手軽さと想定外の安さが大ウケ。荷物置きにしてよし、子どもと一緒に休憩してよしと、もはやアウトドアレジャーの定番になっています。
今回は、5000円以下という超お値打ち価格帯の同ギアの中から最強のポップアップサンシェードを決めるべく、野外大好きなスタッフを総動員し、日射し照りつける公園へやって参りました。日射しを遮るUVカット率、爽やかさのキモである風通し、まったり感を邪魔しない砂対策、汎用性がグンと上がるプライバシー機能、そして片付けの手間を中心に、居心地の良さとラクチンさが両立したサンシェードを見つけるべく、徹底検証を始めます!
ヤァッ! っと、袋から取り出して広げるだけでサンシェードが完成! レジャー必携のアイテムです!
  • ポップアップはUVカット、風の通り、
    片付けのラクチンさが超重要でした!
テストに先立って調査した結果、ポップアップシェードには以下5つのチェックポイントが重要だと判明。今回は、この5つの基本項目を重点的にテストしました。特に重要なのが、①~③。ポップアップシェードの快適さはココで大きく差がでるんです。
①UVカット率
全サンシェードを3周して計測した平均値。この数値が低ければ低いほどUVを遮っていることになります。同じ価格帯でもUVカット率はかなり差アリという結果に。
②風通しの良さ
扉や窓の設置位置、サイズによって風通しの良さが激変。同条件下で3名が体感し、その結果をご報告。
③片付けのラクさ
ポップアップサンシェード最大のハードルがこちら。体を張ったテスト結果をご報告いたします
④砂対策
主に入り口の折り返しの有無、扉があるサンシェードについてはその処理などを厳しい目でチェックしました。
⑤プライバシー
なんと言っても活動場所は野外ですから、この機能があるとないとでは大違い! その機能性も含めて検証しました。
  • ベストバイは「クールトップシェード フルクローズ ミニ」
    攻守ともにスキなし圧倒的1位でした
全11製品を徹底的に比較した結果、ベストバイに輝いたのはキャンパーズコレクションのクールトップシェード フルクローズ ミニでした。
特筆すべきはそのUVカット率。なんと平均35マイクロワット(!)、まさに脅威の数値を叩き出したのです。比較対象がないとピンとこないかもしれないので例を出すと、UV値の第2位が平均75マイクロワット、すべてのサンシェードの平均が約155マイクロワットでした。ひんやりした木陰の気持ちよさです!
次いで注目したのが風の通り。この項目に関しては、上の写真を見ていただければスグお分かりでしょう。フロント側はほぼ全解放、バック側のメッシュ窓も、かなりの高さまで大胆に口を開けられるので、一直線にスースーと風が吹き抜けます。他にも大開口部を設けたサンシェードはあるのですが、UVカット率とのコラボにより、異様な快適さが生まれたため、涼しい印象も深まりました。
推しポイントはまだあります。他の製品ではほとんど見られなかった下地の砂対策です。ペグを打ち込み固定した箇所から内側に折り畳むため、多少の風くらいでは問題なし。風の通りが良いだけに、コレはかなり重要なのです。
フロント、バックともにジッパーで閉じればプライバシーもしっかり守れて、小さめサイズなので片付けもラクラク。プラスαとして、天井吊り下げ紐の存在、フロントまわりを可愛くまとめられる演出、そして今回モデルとして参加していただいた白石さんも絶賛の女子ウケバッチリなカラーリング。

一家四人などで使用するにはちょっと狭いかもですが、ここまで攻守万全なサンシェードが他に5000円以内であったら、ぜひ教えて欲しいレベルです! 

<製品情報>
キャンパーズコレクション 
クールトップ フルクローズシェード ミニ
購入価格 4480円
遮熱性の高い「シルバーコート生地」が太陽光を大胆にカット。四隅をペグ(サンシェードが風で飛ばされないようにするため押さえる杭のこと)で固定するため、少々の風にはびくともしない頼もしさも兼ね備えています。今回は1~2人用を使いましたが、同シリーズには3人用タイプもあります。必要なポイントを網羅した、まさにサンシェードの横綱です!
雑貨入れ、虫除けなどいろんなものを吊るせる天井紐の存在は、地味だけど野外遊びをさらに快適にしてくれる。案外これがないサンシェードが多いのです。
草むらに屹立することが多いからこそ、虫対策は重要。メッシュ窓はすなわち網戸。文化的な生活に一歩近づけます。
外からでも中からでも開閉できる便利ジッパーを使ってドアを完璧に閉じることもできるのです!
バカンスにはビジュアルも重要。お姫様のベッドのごとくオシャレにまとめられます。
下地を折り返して砂やホコリを防ぐ、この機能はかなり気が利いています。あるとなしとじゃくつろぎ感が段違い!
砂対策がないモデルは、こんな感じになってます。
半分に畳んでから半分に折る、というのがこの手のタイプの基本です。この「半分に畳んだ状態」のとき、小さければ小さい方がラク。こちらのモデルは検証人の胸元あたりあたりまでのサイズなので、かなりカンタンな部類。収納袋が縫い付けられていて、決してなくさないというのも◎です。
[テスターの声]
「日陰の涼しさがほかのシェードとはぜんぜん違う! 通気口も開け閉めできて、すごく使いやすいですね。唯一、小さいのが難点かなあ」
「シェードの中に砂が入りにくかったり、天井に何かと使えそうな紐が垂れ下がっていたり、細かい工夫がいいっすね。片付けるのもラクでした」
「丸みを帯びた三角形と側面のピンク色が女子ウケよしです! 生地の透け感もないから、着替えや化粧直しが手軽にできるのはポイント高いです」
  • [買ったあとはぜひ]片付けは使う前に一度練習を
    また、設置する際は風の向きに注意を
さんざん快適! 爽快! とあおってきて今さらですが、ポップアップサンシェードが流行の兆しを見せつつある今だからこそ、隣人たちに気を配ることを心がけていきましょう。他人の平和を乱して得た快適は、いつか必ずネガティブな結果となって帰ってきます。
あと、購入直後に気をつけたいのは、片付けるアテや経験もないまま、無防備にサンシェードを広げる行為です。担当編集の私も、撮影時にシェードを広げたはいいけれど、どうやって片付けるのかが皆目わからず、スマホ片手にYouTubeを何度も見直したものです。特に、小屋タイプのシェードは初見で畳むのはかなり難儀します(経験上)。現地で途方にくれないためにも、自宅あるいは店頭で、一度はテストすることを強くオススメします。
最後に、風対策として、必ずペグを打つか、砂袋を用意しましょう。放っておくと、風に乗ってかなりぶっ飛びます。
ペグを打たなくても、ヨコからの風にはある程度耐えることができました。
正面から風を受けたときは、先端の下に風を入れない工夫が必要です。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [テント]
    昨年、一番人気のテントの良し悪しを アウトドア取材班が明らかにします。
  • [レジャー用品]
    【8製品格付け】打ち上げ花火、どれを買えばいいのか問題が解決しました
  • [フィールドギア]
    【1万円で大満足】買ってスグ飛ばして撮影できるドローン入門編
  • [バーベキュー用品]
    1ポンドステーキにかぶりつき! BBQの「手間なしゴージャス」化が止まらない!
  • [バーナー]
    男を上げる! コツすら不要のバーベキュー火おこし裏技
  • [バーベキュー用品]
    「BBQはコールマンを選んでおけば全員が幸せになる」説がガチである理由
  • [レジャー用品]
    無印良品のアウトドアグッズで 軽自動車の「荷台狭い問題」を解決!
  • [フィールドギア]
    【検証済】レジャーのピンチを救う便利グッズ7選
  • [ハンモック]
    アウトドア初心者の私がドハマりした ハンモック最初の1枚は絶対コレ!
  • [レジャーシート]
    【さらばケツ痛】これはレジャーシートの革命です
  • [レジャー用品]
    テストする女性誌『LDK』編集長が ヒルナンデスで激推しした格安便利グッズ4選!
  • [バーベキュー用品]
    焼肉名店「ゆうじ」がプロデュースした 炭火焼グリルのリアル感が飯テロすぎた!
  • [チェア・ベンチ]
    【完璧すぎるチェア】チェアワンが 休日の公園で溺愛される理由
  • [バーベキュー用品]
    肉がむちゃくちゃ旨く焼けると大評判 超うれてる「マイ鉄板」を試してみた
  • [マグ・シェラカップ]
    ひとつで何役もこなすマルチ水筒 アウトドアの賢人ほど何個も持っています
  • [レジャー用品]
    ガチユーザーによる進化したIQOSレビュー 買っていい? ダメ? その答えがここに
  • [コンロ・焚き火台]
    孫の代まで受け継ぎたい、 おれんちのスゴい焚き火台、育てませんか。
  • [バーナー]
    空き缶で作る、 ウルトラライトストーブの作り方。
  • [チェア・ベンチ]
    格安アウトドア用ベンチをカバーで 高級ベンチにカスタム!