一発でプロのようにキレイでピカピカ
ケルヒャーの窓用クリーナーをベストバイ認定!
2016年11月10日(木)
西尾 崇彦
西尾 崇彦/Test by ホーム360.life
一発でプロのようにキレイでピカピカ
ケルヒャーの窓用クリーナーをベストバイ認定!
いくらメンドクサイとはいえ、窓掃除にこんな仰々しい道具がいるのか? ごもっとも! それでも買う価値「大いにアリ」だと言わせてください。理由は、とにかく簡単に窓がキレイになる! その一言に尽きます! LDK創刊号(2013年8月号)ではじめてテストして以来、私自身、今も使い続けている超ベストバイ商品。コレなしの窓掃除はもう考えられません!
商品写真をクリックすると購入ページに移動します。
  • 窓拭きが圧倒的にラクになります!
    ケルヒャー窓用クリーナーは本当にオススメです
乾拭きしたり新聞紙で吹いてみたり。キレイになったと思っても、角度を変えてみると拭き筋だらけ……。腕や腰は痛くなるし、窓をピカピカに掃除するのって、とても難しいですよね。そこで大掃除の季節を前に、現時点でおそらく世界一簡単に、窓をピカピカにできる商品を紹介します。

それが、ケルヒャー 窓用クリーナーです。この商品は、LDK創刊号(2013年8月号)でテストしたのですが、使い勝手の良さに感動して、それ以来ずっと愛用中。もはやコレを使わない窓掃除は考えられません。最初は、窓掃除に「わざわざクリーナー買う?」って思ってましたけど、あるとないとでは大違い。ネットだと6千円弱しますが、その価値はあると自信をもってオススメします。
ケルヒャー 窓用バキュームクリーナー
  • 窓の水を吸うだけの機械ですが
    ホントに良い仕事をしてくれるんです
では、どうやって使うのかというと、まず液体洗剤を付属のスプレーで吹き付けます(下写真)。スプレーボトルとワイプパッドが一体になっているので、そのまま窓のヨゴレをゴシゴシします。

つぎに黄色い本体の登場です。これがバキュームクリーナーになっていて、最初に吹き付けた液体洗剤を掃除機のように吸いとります。そういう意味では、黄色い本体は窓に残った汚れた洗剤を吸うだけの機械です。

編集部でも当初、黄色い本体から洗浄液が出て、窓を洗いながら吸い込むような姿を想像してました。ですから、使い方がわかったときは、水を吸うだけのモノに6千円もお金を出すのかと、半信半疑でしたが、使ってみてその便利さがわかりました。

まず、手で掃除するよりも圧倒的にキレイになります。また、基本的に一回掛ければ終了。力を込める必要も、同じところを何度も掛ける必要もないので、これまでの窓掃除は一体なんだったのかと思いたくなるほど、とにかく体が楽です。

音も静かでマンションのベランダで使っても、隣を心配する必要はありません。窓掃除のハードルを一気に下げてくれる逸品なのです。
商品名にplusがつくモデルには、こちらの専用洗剤とワイプパッドつきスプレー付き。
専用洗剤は付属のボトルで希釈して使います。この洗剤も優秀で、すいすいヨゴレが落ちます。専用洗剤でなくても掃除すること自体はできますが、専用洗剤の方が汚水を吸い込んだ際に洗剤が固まりにくく掃除しやすいので、専用をオススメします。
[右]洗剤が準備できたら窓ガラスに吹き付けます。つぎにワイプパッドで洗剤をガラスに塗り広げる要領で掃除します。
[左]最後にクリーナーのスイッチをONして、窓の上から下に向かって滑らせ汚水を吸い取れば完了。
吸い取った汚水はボトルにたまります。
窓以外にも活用シーンは意外とあります。そのひとつが浴室・洗面所の水滴取り。湯上がりにちょいとこのクリーナーを掛けるだけで、あらかたの水分は取れてしまいます。カビ防止にはもってこい。
  • ネガティブな部分もお伝えしておきますが
    便利さの方が圧倒的に上です
基本的には大満足な本製品ですが、3年使って多少ネガティブな点もあったので、ここでお伝えしておきます。

まず、当たり前ですがバキュームクリーナーで洗剤を吸い取ると、吸い込み口の黒いゴムの部分に汚れが溜まってきます。こうなると、クリーナーで吸引しても吸い込み口の両側にそって筋が残りキレイになりません。そうならないよう、わりとこまめにこの汚れを拭き取る必要があるので、そこが少々面倒です。あと、洗剤は独特の外国の洗剤っぽいニオイがします。苦手な人は苦手かもしれません。
  • 買うならボトルがセットになったplusがオススメ
    WV 75と50の違いは色と付属品
ケルヒャー 窓用バキュームクリーナーには、スプレーボトル付きplusと本体のみの無印があります。ネット通販の場合、差が数百円程度しかないので、断然plusの方がオススメです。また、WV 75と50は色が違うほか、WV 75のみ大小(280mm、170mm)のワイパーヘッドがつきます。ただ、現在 公式オンラインショップ で購入できるのは、WV 50シリーズのみとなっています。

ちなみにオンラインショップに掲載されていない汚水ボトル(本体に装着して使うボトル)を破損してしまった際、メーカーサポートに伺うと2440円(送料別)で購入できました。参考までにご紹介しておきます。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [窓・網戸掃除]
    真冬になる前に網戸だけでも今のうちに! 網戸掃除用具12製品をテストしました
  • [キッチン掃除]
    そのまな板除菌、効果台なしかも…。
  • [キッチン掃除]
    ガスコンロの油跳ねを「ピタッ」と解決!【最強のはがせるシート発見】
  • [掃除道具]
    台風一過の玄関先に絶望する前に、この3点セットをお試しください
  • [掃除道具]
    無印良品アイテムを新品みたいにする「魔法のクリーム」をご存知ですか?
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    【まるで新築】家中のガンコ汚れをピカピカにする10の裏技
  • [掃除道具]
    【100均】お掃除・お洗濯グッズ 本当に買って良かったランキング30選
  • [掃除道具]
    【ダイソーに負けない】キャンドゥで買って良かったお掃除グッズ9選
  • [床・リビング掃除]
    【たっぷり洗浄液】ちゃんと水拭きできるウエットシート選手権…アイリスさんやりすぎ...
  • [掃除道具]
    100均さんありがとう…引っ越し前に買っておいて良かったモノ7選
  • [掃除道具]
    【ぜんぶ検証済】タオル、玄関、排水口…ニオイを消すスゴ技ベスト10選
  • [掃除道具]
    【ケルヒャーの盲点】力の込めやすさが最適化されたスチームクリーナーの実力とは
  • [掃除道具]
    【最強紙ナプキン】業務用紙製品が、なぜAmazonで大絶賛されるのか
  • [掃除道具]
    【壁のシール】憎たらしい汚れを片手で落とすテクニック【床のガム】
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    【水切り3秒】スポンジが外れると、風呂掃除の“後”が超ラクチンになるという事実
  • [キッチン掃除]
    インスタント麺がつるっつるの生麺に!? 誰も知らない重曹のスゴ技11選
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    【トイレの裏ワザ】純白の秘訣は 100均ブラシで「見える化」!
  • [キッチン掃除]
    【セリアさんやりすぎ】100均ヌメリ取りが「ヌメ落ちくん」を超えた理由
  • [キッチン掃除]
    【取れすぎ注意】100均の油汚れシートが定番クイックル超えの理由
  • [トイレ・バス・洗面台掃除]
    【カビキラー超え!?】100均カビ取りグッズの買っていいモノ、ダメなモノ
  • [防虫剤]
    20匹の蚊がいる箱に腕を入れて 虫よけの「効く・効かない」を確かめてみた
  • [床・リビング掃除]
    【ダイソーさんやりすぎ】 ごっそり取れる100均ワイパー選手権
  • [防虫剤]
    【それじゃ刺されます】効く蚊取り、効かない蚊取り
  • [掃除道具]
    【初めての1台】高圧洗浄機13製品を 比較して見つけた万能すぎる逸品