新モデルの季節到来! クロスバイク17年モデルのランキングをおさらい②
2017年10月08日(日)
360.life編集部
360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
新モデルの季節到来! クロスバイク17年モデルのランキングをおさらい②
今年もクロスバイクの新モデルの季節になりました。そこで、今回はモノクロ誌の2017年モデル(旧モデル)のクロスバイクランキング14選をプレイバック。前回の続き、4位から14位までを発表します!
製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
本記事はMONOQLO2017年7月号発売時点でのランキングとなります。
  • ジャイアントやキャノンデールの
    定番モデルが上位にランクイン
クロスバイクランキングの前半戦、1位から3位はジャイアント「エスケープ RX2」、キャノンデール「バッドボーイ4」、トレック「FX 3」となりました。4位以降はどのようなランキングになっているか、さっそく見ていきましょう。なお、ランキングは以下の5項目を各10点、合計50点満点で採点しています。
【01 通勤】スーツ姿で短距離走行
【02 ロングライド】変速段数が多いタイプがベスト
【03 坂】車体が軽いと登りやすい
【04 乗り心地】カーボンなど素材で変わる
【05 ブレーキ性能】ディスクは雨天も優位
採点をしてくれたのは自転車に詳しいこの3名です。
【左】アドベンプロダクツ代表 義村貞純さん
マウンテンバイクを使った冒険体験のイベント企画やWEBサイトの制作などを行う会社の代表取締役です。
【中】自転車ライター 田中弾さん
「ファンライド」などの自転車雑誌やオートバイ雑誌で編集、ライティングなどを行っています。
【右】サイクルパラダイス 松永弘樹さん
自転車の販売、カスタム、メンテナンス、リサイクルを行う専門店「サイクルパラダイス」のスタッフです。
  • 4位メリダ「クロスウェイ 200-MD」
    スピード重視で楽しむなら最上位
4位にランクインしたのは、メリダの「クロスウェイ 200-MD」です。キビキビと俊敏に動いてくれるので、バイクとライダーが一体となったライディングが楽しめます。

トップ3と比べて価格は1万円以上安いですが、走りの質が劣るようなことはありません。カラーは4タイプ用意されており、グリーン(ブラック)の鮮やかな色は、街中でも目立ち度バツグンです。
機敏な運動性能でマルチに活躍してくれます。
<テキスト>
メリダ
クロスウェイ 200-MD
価格:5万9900円(税抜き)
サイズ:380/410/460/500㎜
カラー:グリーン(ブラック)/マットブラック(イエロー/ グレー)/ダークブルー(ブルー)/ホワイト(ブラック)
重量:12.6kg(実測)
ホイール・タイヤ:700×28C
ブレーキ:Mディスク
スピード:3×8S
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)
【ブレーキ】効きがいいメカニカルディスクブレーキ採用
ブレーキは同価格帯のVブレーキやプルブレーキより効きがいいメカニカルディスクブレーキをさいようしているので、雨の日も安心です。
【ダボ穴】フロントのダボ穴が下部に付いている
ダボ穴の位置が低いため、フェンダーやキャリアを装着しても重心が低くなるので、走りが安定します。
【リム】リムの高さが低めで車輪が軽く加速が速い
スポーク本数が少ないスタイリッシュなデザインです。リムの高さも低めにして軽く作られています。
アルミはダイレクト感が高く、その良さを今に伝えてくれる一台です。快適性を保ちつつも、レーシーな味付けで楽しめます。
  • 5位ロックバイクス「グリード フェイズ2」
    若い感性のストリートバイク
「グリード フェイズ2」は、フレームにクロモリを使ったモデルです。ペダルを踏むとフレームが適度にしなって前に伸びるように進む、クロモリならではのやさしい乗り味をもっています。

スタイリングは古典的でいて、付いているパーツは650Bホイール&ディスクブレーキと今の時代に合わせたもの。ハンドル幅もコンパクトで、ストリートを颯爽と駆け抜けられる気持ちいいバイクです。
見た目はクラシカルで走りはクイックというギャップがたまりません!
ロックバイクス
グリード フェイズ2
価格:9万円(税抜き)
サイズ:460、500、530、560㎜ 
カラー:ブラック N ブルー、クリームホワイト、マットブラック、ナトーグリーン
重量:11.4kg(実測)
ホイール・タイヤ:650×1.5B
ブレーキ:Hディスク
スピード:1×9S
【ブレーキ】軽くて扱いやすく雨の日もよく効く
ディスクブレーキの中でも高価な油圧式を装着。強力なストッピングパワーで急制動もお手の物です。
【サドル】細身のサドルなのでとても漕ぎやすい
サドルはペダルを踏むときに太ももが干渉されにくくこぎやすいです。車体のルックスにもベストマッチしています。
【タイヤ】タイヤが小さめでクイックに走れる
650Bホイールで軽快にキビキビと走れます。太めのタイヤを履いて、走行中の快適性をアップさせています。
まず外観のロックな雰囲気に心が揺さぶられ、さらに中身を見ると油圧ディスクブレーキなどのパーツの凄さに感心します。
  • 6位ラレー「CLB クラブスポーツ」
    イギリス紳士の気分で通勤
ラレー「CLB クラブスポーツ」は20世紀半ばの往年モデルをルーツにもつツーリング車です。英国ブルックス製の革サドル、ラレー型マッドガードなど英国車らしいムーディな装備がいっぱい。

しっとりした乗り心地で、「カメラ片手に散歩でも」というシチュエーションにぴったりハマます。スピード力は高くなくとも、ギアが8段あるので距離を走っていけるし、ポジションも程よいアップライトで扱いやすいバイクです。
スポーツというより、この世界観を楽しみたいという方にオススメです。
ラレー
CLB クラブスポーツ
価格:7万5000円(税抜き)
サイズ:450/510㎜
カラー:アガトグリーン/アガトブルー
重量:12kg(実測)
ホイール・タイヤ:700×28C
ブレーキ:V
スピード:1×8S
【サドル】乗るほどに味わいが出てくる革サドル
サドルは一流メーカーのブルックス製、B17は100年以上も生産が続く由緒あるモデルです。座った感じは少し幅広で快適でした。
【スタンド】キックスタンドが標準で付属する
スタンドは標準装備。クロスバイクは後から何かと物をそろえないといけないので、街乗りに使うにはうれしい配慮です。
【ブレーキ】Vブレーキはゆっくりかかる
ブレーキは標準的なグレードのVブレーキですが、スピードを出す自転車ではないので制動力に問題はありません。
ラレーのバイクはクラシックカーのような存在で、走りだけでなく雰囲気も愛せます。
  • 7位スペシャライズド「アリバイ」
    パンクしないので通勤用にベスト
7位にランクインした「アリバイ」は、パンクしないタイヤがウリの通勤・通学車です。タイヤはポリマー樹脂でできているため空気を入れる必要がありません。識者からは「一般のタイヤより路面からのコツコツした衝撃は拾うが、アスファルトならとくに問題ない」という意見をいただきました。

ハンドルも高い位置に付いているので、ラクな乗車姿勢で走れます。
パンクしないタイヤや錆びにくいチェーンを採用しているため、日ごろのメンテナンスの負担が減るので助かります。
スペシャライズド
アリバイ
価格:4万8000円(税抜き)
サイズ:390(S)/439(M)/476(L)/532(XL)㎜
カラー:マリンブルー/ハイパーリフレクティブ/ターマックブラック/LTターコイズ リフレクティブ
重量:12.2kg(実測)
ホイール・タイヤ:700×38C
ブレーキ:V
スピード:1×7S
【タイヤ】空気を使わないのでパンクの心配がない
空気を入れる必要がなく、パンクもしません。タイヤの交換は素人には難しいので自転車屋へ依頼しましょう。
【ハンドル】高めのTハンドルで前傾姿勢にならない
ハンドル位置が高く、幅も広めなので、サドルに身体を預けてクルージングしているような感覚で乗れます。
【ダボ穴】万が一ぶつけてもフレーム交換せずに済む
ダボ穴はネジ止めの交換式なので、ダメになってしまっても修理がききます。泥ヨケを付ければより快適になります。
スペシャライズドは一流メーカーなので、低価格でも作りはしっかりしています。
  • 8位ジオス「アンピーオ」
    走りとデザイン性を兼ね備える
ジオス「アンピーオ」は自転車の原型である丸パイプのクロモリフレームを採用しており、街にもサイクリングロードにも自然に溶け込んでしまう普遍的なルックスをもっています。

クラシカルな雰囲気がカッコいいですが、前傾姿勢が深い分身体に疲れがきやすいので、快適性の点が伸び悩びました。スピード力は高く、ロードバイクのように走れます。
スポーツ車好きなイタリアが生んだクロスバイクです。
ジオス
アンピーオ
価格:7万9800円(税抜き)
サイズ:470、510、540、570㎜
カラー:ジオスブルー、ブラック、ホワイト
重量:10.4㎏(実測)
ホイール・タイヤ:700×25C
ブレーキ:キャリパー
スピード:2×8S
【フレーム】跳ね返りが早いしなやかな乗り心地
フレームはクロモリのしっとりした乗り心地がありつつ、ペダリングの大きな力も受け止める硬めのつくりです。
【タイヤ】25Cの細いタイヤで軽い走りが楽しめる
タイヤはロードバイク向けの700×25C。空気圧も高くできるので軽い走りが楽しめます。
  • 9位マジィ「カフェレーサー ウノライザー」
    存在感のあるクロモリフレーム
マジィ「カフェレーサー ウノライザー」は、細みのクロモリフレームにライザーバー、リム高の深いホイールで見た目がカッコいいモデルです。
ただ、好みが分かれそうなのはギア比の重さ。シングルギアは街乗りに適しており、高速巡航はしやすいですが、坂道を上るにはやや力が必要です。
渋めのネイキッドカラーに、ブラックのホイールで足元をビシッと締めたシックな一台。
マジィ
カフェレーサー ウノライザー
価格:8万3000円(税抜き)
サイズ:440/480/510/540㎜
カラー:ブラック/ホワイト/ネイキッド
重量:11.5㎏(実測)
ホイール・タイヤ:700×28C
ブレーキ:キャリパー
スピード:1×9S
【ハンドル】左右の持ち手が上がったライザーバー
ハンドルの持ち手部分を手前側にアップしたライザーバーを装備しているため、前傾姿勢が緩やかになって乗りやすいです。
【デザイン】シンプルさの中で光るセンスのある遊び心
力強さを感じる骨太なクロモリフレーム。ケーブルの取り回しも、スタイリングにいいアクセントとなっています。
  • 10位ヘルムズ「ヘルムズ H65」
    レーシーな走りの都市型自転車
14モデルの中で最も乗り心地が硬かったのがヘルムズ「ヘルムズH65」です。

ブリヂストンサイクルとファッションブランド「ナリフリ」のコラボ車で、こだわりを突き詰めたフレーム造形や硬派な走りが魅力。

10㎞未満のチョイ乗りモデルで、独特のデザインが好きな人に向いています。
前輪の後部や後輪の前部のフレームに、タイヤの丸みに合わせたえぐりを設けるなど、デザインが凝っています。
ヘルムズ
ヘルムズ H65
価格:9万5048円(税抜き)
サイズ:480㎜
カラー:ブラック/アンバーブラック/シーニックホワイト
重量:9.8㎏(実測)
ホイール・タイヤ:650×32C
ブレーキ:キャリパー
スピード:1×9S
【乗り心地】剛性感の高い頑丈なつくり
高い技術を要する複雑な縦長形状のフレームは、ブリヂストンサイクルが手掛けているので、質も高いです。
【変速レバー】今では希少なサムシフター採用
レバーでダイヤルを回すサムシフターの変速機は、操作時にカチカチと音がして、自転車を操っている楽しさがあります。
  • 11位モーメンタム「iNeed S-1-I」
    U3万円なら最もオススメ!
イオンで購入できる3万円以下の手頃なバイクがモーメンタムの「iNeed S-1-I」。フレームが適度にやわらかく、サドルはクッション性が高いため、ゆったり乗るには快適で心地よく走れます。

急ぐ走りは向かず、速度を出すとブレーキ性能が心もとなく感じました。
パステルカラーに差し色を入れた見た目がお洒落で、価格以上の質感があります。
モーメンタム
iNeed S-1-I 外装7段変速
価格:2万5800円(税抜き)
サイズ:430/520㎜
カラー:ブルー/マットグレー/ホワイト/レッド
重量:12.2㎏(実測)
ホイール・タイヤ:26×1.25
ブレーキ:V
スピード:1×7S
【変速レバー】初めての人も変速しやすい
グリップを回転して変速させるグリップシフトは、握った手を離さずに変速できます。ギア位置がわかるインジケーター付きなのが親切ですね。
  • 12位サイクルベースあさひ「ウィークエンドバイクス-F」
    ベルやスタンドなどパーツが充実
「ウィークエンドバイクス-F」は自転車チェーン店・サイクルベースあさひのオリジナル車です。各部のパーツのグレードは高くありませんが、走りはダイレクト感があり、「安くても走れる自転車を」という気概を感じます。

足元をチェーンの汚れから防ぐチェーンガード、変速機ガード、ベル、スタンドなど装備が充実しているため、買い足すパーツが最小限で済みます。
フレームには剛性感があります。
サイクルベースあさひ
ウィークエンドバイクス-F
価格:2万7760円(税抜き)
サイズ:460、510㎜
カラー:ネイビー/グリーン/オレンジ/ライトブルー/ウォームピンク
重量:11.5㎏(実測)
ホイール・タイヤ:700×32C
ブレーキ:V
スピード:1×7S
【変速機】倒れても変速機が傷つかない
リアの変速機にガードが付いており、転倒の衝撃から守ってくれます。混みあった駐輪場に止めても、接触で壊れてしまう心配が小さくなります。
  • 13位リグ「リグムーヴ」
    アマゾンのベストセラー1位
ロード用ブレーキを採用しており、見た目がスマートな「リグムーヴ」は、通販サイト・アマゾンのベストセラー。フレームは乗り降りしやすいよう斜めにデザインされています。

走りの総合点は11位、12位より劣りますが、そのぶん価格が安くなっています。
黒×ゴールドで街なかでも目立ちます。
リグ
リグムーヴ
価格:5万9907円(税抜き)
サイズ:440㎜
カラー:ブラック/ホワイト
重量:11.6kg(実測)
ホイール・タイヤ:700×28C
ブレーキ:キャリパー
スピード:1×7S
(写真をクリックするとAmazonページが開きます)
【バルブ】口金の変換可能なアダプターが付属
チューブはクロスバイクに多い仏式バルブですが、英式ポンプ用のアダプターも付属しているため、市販の空気入れを使えます。
  • 14位大日産業「アルバートホール」
    U2万円の激安バイク
2万円以下と格安の「アルバートホール」は、アップライトな姿勢で乗車でき、サドルのクッション性も高いため乗り心地は悪くありません。

ただ、ペダルを踏んでもあまり前に進んでくれないのが残念でした。チープな質感もマイナス材料です。
走りはママチャリ+α程度でクロスバイクの楽しさは感じられません。
大日産業
アルバートホール
価格:1万8333円(税抜き)
サイズ:470㎜
カラー:レッドほか
重量:13.1㎏(実測)
ホイール・タイヤ:700×28C
ブレーキ:V
スピード:1×6S
【タイヤ】盗まれにくいが使い勝手は悪い
タイヤはレバー操作で簡単に外れるクイックレリーズ式ではなくナット固定式なので、分解してクルマに積んで遊びに出かけるのは難しそうです。

以上、2017年のU10万円クロスバイクランキングでした。以下、最終成績の一覧となります。
11~14位は3万円以下という格安モデルが目を引きますが、スピード感があまりなく、クロスバイク本来の魅力はあまり感じられません。短距離の買い物などで実用的に使う自転車という印象でした。10位以内ならどれもクロスバイクとして一定水準以上の能力がありますので、あとは通勤に向いたもの、ロングライドに向いたもの、ブレーキ性能重視、スタイリング重視など、自分の好みに合わせてセレクトしてください。

これから2018年モデルが続々登場しますので、そちらも準備が整い次第、しっかり検証をしたいと思います。乞うご期待です!
※すべての製品の価格(税抜き)は、MONOQLO2017年7月号発売時点での情報となります。製品によっては、価格が変わっているもの、売り切れてしまっているもの、モデルチェンジが行われているものがありますので、ご了承ください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

こちらのコンテンツに登場する商品

オススメのコンテンツ

  • [クロスバイク]
    新モデルの季節到来! クロスバイク17年モデルのランキングをおさらい①
  • [クロスバイク]
    【クロスバイク】2万円から始める脱・ママチャリ。Amazonなら週末に乗れます
  • [自転車本体]
    え、これが8000円? 折りたたみ自転車“最安ライン”の意外な評価
  • [自転車本体]
    新モデルの季節到来!マウンテン、ロード、ミニベロの17年U10万円おすすめモデルをお...
  • [電動アシスト自転車]
    脱満員電車! 電動アシストなら 10km通勤も余裕です
  • [電動アシスト自転車]
    広告一切ナシ! 電動アシスト自転車おすすめランキング②
  • [電動アシスト自転車]
    【初めての1台】電動自転車ガチランキング 2位はパナソニック、1位は……
  • [自転車本体]
    編集部に問い合わせ多数! 圧倒的積載能力のサイクルトレーラー
  • [ミニベロ]
    3万円以下で購入できる折りたたみ自転車14台一斉テスト【ベスト編】
  • [盗難防止]
    自転車の鍵ってどれも同じ? Amazonの売れ筋はココが凄かった!
  • [空気入れ]
    モバイルバッテリー? いえいえ、 こう見えて、電動空気入れなんです!